スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通奏低音合わせ 01 ― 静かなる戦い ―

11月3日。文化の日。
発表会の前日である。
そして、発表会に向けての本当に最後のレッスン、通奏低音合わせレッスンの日でもある。

今回の発表会では、普通のピアノ伴奏だけでなくリュートとビオラダガンバによる通奏低音伴奏を選択できるのだ。そして、ヴィヴァルディを選曲している私は当然のように通奏低音伴奏を選択している。また、アンサンブルの方もバッハ組は通奏低音がつく。

今日はその最終合わせの日というわけなのだ。
・・・と言っても、合わせはこの一回キリなので最初で最後の伴奏合わせである。

アンサンブルにも参加し、ソロでも立つ私はこの日は朝から慌ただしいスケジュールである。
まず、午前中にアンサンブルの伴奏合わせ、そして、午後からはソロの伴奏合わせである。

午前中のアンサンブル合わせの会場はクレオ大阪北。
クレオ大阪北は私の住む地域からは電車だと少し不便な場所にある。
そして、午後からは野田にある教室に移動することになるという移動の多い一日。


バイオリンとヴィオラを両方かついで電車を何度も乗り継いだり、歩きまわったりするのが億劫だった私は、この日の移動は車と数日前から決めていた。クレオ大阪北までdoor to doorで30分強でつくという利便性、そして何よりも翌日にひかえた本番に向けて身体になるべく負荷を与えたくないという判断だった。コンビケースを持っていないので、当然、2ケース持ち運ぶ必要があるのだが、これが肩に与える負荷が結構バカにならないのである。


   


こういう時にバタバタすることが嫌いな私は、倍のゆとりをみて、アンサンブルの開始時間の1時間程前には準備を整えて家の扉を開けた。しかし・・・


車がない。


― ぁ・・・


忘れていた。
そういえば父親が普段載っている車が整備とかで、こちらの車を使うとか何とか言っていた。


― なるほど。あの話は今日か。ていうか、よく考えたら昨日の夜の時点で車なかったな・・・


なんというミス。


― しゃーない。電車で行くか・・・


1時間程度あれば何とか開始時間滑り込めるだろうと思い、念のためNAVITIMEで乗換検索をして到着時刻を調べた。

淡路着 9時44分



ガッデム!!


練習の開始時間が9時40分。
ちなみにクレオ大阪北までは淡路駅から徒歩で15分ほどかかる。


― ぁー・・・どうしよかな。リハに限って遅刻とはな・・・


私は集団でやる練習にはなるべく遅れたり休んだりしないように気をつけている。
自分の個人レッスンなら「もったいない」だけで先生に非礼を詫びればそれで済む話だが、アンサンブルの場合は音量バランスが本番と同じにならないとか、手戻りが発生しやすくなる等の問題で周りに色々と迷惑をかける。しかもヴィオラは人数が少なく、さらに私はヴィオラが完全に初心者なのでそもそも周りには迷惑をかけている。
今の私のレベルでせめて出来ることは練習に最初から最後まで居ることくらいなのだ。
だから今回のアンサンブルの練習は皆勤で遅刻もしていない。

しかし、最も大事な練習と言っても過言ではない最後の合わせ練習に遅刻しようとしている。


― とりあえず、迷っててもしゃーないから駅まで行って電車に乗ろか


家の前でたっぷり数十秒思考停止した後にそう思った私は駅に向かって歩き出した。
急ぐ気持ちとは裏腹に、バイオリンとヴィオラを担いだ状態では思うように走ることは難しい。

何とか早足で駅にたどり着き、大阪方面に向かう列車に飛び乗った。


   


― さて、経路探すか。


ここから静かなる戦いがはじまる。

NAVITIMEをはじめ乗換検索ソフトというやつは、乗換時にかかる時間に多少ゆとりをもたせた形で経路が提示されるようになっている。走らないと成立しないような乗換はなるべく経路の候補として上がってこないような仕組みになっているのだ。つまり、逆に言えば乗換のタイミングで少し小走りをするだけで一つ前の列車に乗れるという事があり得るのである。

そこで、まず私は乗り換えポイントで小走りをする前提で、検索条件を変えて乗り換えパターンを模索した。

すると一本前の電車に乗れることが判明したが、一本前の電車は途中までしか行かないことも同時に判った。


― あかんか・・・


だが、まだ諦めてはいけない。
経路によっては時間を縮められるパターンが存在するかもしれない。


まずは梅田からバスのルートを探る。

東淡路1丁目着 9時44分



― おしい


東淡路1丁目はクレオ大阪北すぐ近くのバス停で、そこからだと3分で会場にいける。
このルートだと19分の遅刻見込みが7分にまで縮められる。


― 最悪これだな


そう思った私の目に悪魔の囁きとも言える魅力的なルートが飛び込んできた。


『守口市からタクシー』ルート
クレオ大阪北着 9時20分




目安のタクシー料金は1700円。


― ぐ・・・魅力的。どうする。タクるか?


これだと間に合うどころか20分も前に会場入りできる。なにより楽だ。
そして案外高くない。


― どうする・・・・


かなり迷ったが、守口市では降りなかった。


― きっとバスルートをもうちょっと叩けるはず。


千円ちょっとをケチるために根拠のない自信を元に確実に間に合うルートを蹴るとは、なんという小物か。
だが、こちとら庶民。


条件を更に細かくして検索を続ける。
この手の経路検索ソフトは、たとえ同じ経路上であっても「出発地」をどこに設定しておくかで、提示されるルートのパターンがかなり変化する。


例えば、今回のように京阪香里園から阪急淡路まで移動する場合、提示される最も一般的な経路は以下のものである。

香里園から京阪で北浜。北浜で地下鉄に乗換え、そのまま直通で天神橋筋六丁目から阪急に乗入れて淡路まで。



二番手としては、次のルート。

香里園から京阪で京橋。京橋からJR環状線で大阪。大阪から阪急で淡路まで。



だが出発駅として経路上にある守口や京橋を設定した場合、メインルートは変化しないが第二候補以降で提示されるルートパターンがかなり変化する。それらの情報を組み合わせることで、ウルトラC級の時間短縮経路が発見できる可能性は十分にあるのだ。


条件を様々に変えて情報を収集していく。


そして、ついに見つけた。


まず北浜から地下鉄に乗り換えて天神橋筋六丁目。
そして天神橋筋六丁目からバスに乗り換えると、『梅田からのバスルート』経路にショートカットする形で、一つ前のバスをギリギリトラップ出来る事が判明した。

東淡路1丁目着 9時34分



― これだ!


   


このルートに望みをかけ、乗換えで走り、1分ほど遅れたバスの分を取り戻すためバス停から会場までも走り、会場入りしたのは9時38分。
もう、調弦が始まっている。

急いでヴィオラのパートナーに譜面台を組み立ててもらい、楽譜を託し、とにかくヴィオラをケースから出して着席してすばやく調弦をした。

まさにギリギリセーフ。
私がほっと一息ついたすぐ後、練習が開始された。


― ふー・・・朝からいらんことに頭と体力使わされたで・・・


さて、練習には間に合ったが、慣らし完全にゼロでヴィオラをとっさに弾き出すとどうなるか。


脳がヴィオラを認識しない。


第一楽章の前半はほとんど『バイオリンと勘違いして弾く』という暴挙に出てボロボロだった。
身体は間に合ったが、気持ち的には全く間に合ってなかったと言えるかもしれない。
スポンサーサイト

遅まきながらスマホ対応

そろそろ・・・というかもう結構前からであるが、このブログをスマートフォンから読んでいただいている方が増えて来ている。

そんな時代の流れをいつまでも無視しておけないので、遅まきながら、このブログも少しだけスマホ最適化してみることにした・・・といってもスマホ用のテンプレートを放り込んでチョロっと弄っただけだが。

というわけで、今回の話はバイオリンとは関係がない。
パソコンからご覧になっている方には「??」となるし、WEBに興味がない人にとっては「ふーん」な話である。


PC側のイメージとなるべく同じような感じのスタイルを導入しようと思っていたのだが、なかなかピッタリなのが無い。どうやら、本格的にスマホ最適化をしようとするブロガーはまだ少数派のようで、FC2が公式で用意しているテンプレートも、ユーザ作の物もまだバリエーションが少ないのだ。

とりあえず、ちょうどハロウィンシーズンなので、期間限定でそれっぽいスタイルを導入してみた。スマホからご覧の方はしばらく画面がガヤガヤするが、季節ものだと思って楽しんでいただければ幸いである。


   


さて、せっかくWEBな話を始めたので、今回はそれで押し切ってしまおう。


久しぶりにブログテンプレートなどをいじったついでに、ふと、「そういえば今のアクセス状況ってどうなんやろう」という事が気になった。随分とブログを放置していた割りには、ありがたい事に意外とコンスタントにこのブログを訪れてくれている人がいる。日々の更新がなく新しい話題が投下されない中で、そういった方々はいったいどのような記事を好んで読んでくれているのだろうか。


私の本職はITエンジニアというやつで、そういった事が気になるのは一種の職業病のようなものである。


実はこのブログは、一応、GoogleAnalyticsやi2i.jpといったアクセス解析ツールでアクセス状況のデータを綿密に記録している。アクセス解析ツールというと何だか仰々しく聞こえるかもしれないが、何のことはない。要するに高機能な「カウンター」のようなもので、ページごとのアクセス状況や大体の地域情報(関東からとか関西からかのレベル)とかが分かったりするという程度のものである。

なお、閲覧者の個人情報が取れてしまったりとかそういう物々しい事にはならないので、ご安心いただきたい。


そして、こういったアクセス解析では、サイト訪れてくれた読者が今回は「何ページ見て回ったか」とか「何分くらい滞在していたか」ということがざっくりと解るようになっている。そして、どの記事にアクセスが沢山あつまっているかということも解るようになっている。

よってこの解析ツールを眺めていると、「受けた話」と「滑った話」、「人気の記事」と「不人気の記事」というのがかなりリアルにわかるのだ。


イマイチな記事を書いてしまった時には、「ツマンネ」となって直ぐに離脱してしまう。逆に、面白い記事をかけた時は、滞在時間が伸びて他のページにまで足を運んでくれる傾向にあるという訳だ。


   


さて、今回、アクセス状況を眺めていると、その中で異様に人気のページというものがある事を発見した。


2011年02月21日の記事 『里子アンサンブル(序)


この3ヶ月間のページ別アクセス数ではぶっちぎりの一位。

これは、『坂本先生以外のレッスンに行ってみた』というテーマで全6回に渡る『里子アンサンブル』シリーズの第一回である。「序」というタイトルを冠していることから分かる通り、その後の話のために事情と状況をツラツラと書いている「導入」の回である。まだ全然本題に入っていないし、何のオチも無い回である。しかも1年半以上も前の記事である。

なのに、アクセス数はぶっちぎりの一位。
理由がわからない。

検索にかかりやすいページなのだろうか。


少なくとも、ブログテーマからかけ離れている今回が、不人気記事になるだろうことは想像に難くないのだが。。。

また放置してしまった・・・

また2ヶ月放置してしまった。

年度末を抜けてゆとりが出てきたので、ぼちぼち再開しようと思う。
・・・が、だいぶ「芸風」を忘れたので、スタイルが微妙に変わってしまうかもしれない。


また、お付き合いいただけると嬉しい。

謹賀新年

あけまして おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。



・・・などと言っても、もう、1月も20日なのだが。


ブログを放置すること、4ヶ月弱。
私自身もすっかり以前の芸風文体を忘れてきている。
ますますもって、バイオリンを辞めてしまった疑惑がかけられていそうだ。


さて・・・




ぷぃぷぃ虫、戻って参りました。

いえ、戻って来る見込みが立ちました。
更新が止まっている間にもコメントを下さった皆様、ありがとうございます。

今更感があり過ぎますが、ここに御礼申し上げます。





さて、バイオリンなんとか続いている。
レッスンにも通い続けている。

しかし、この半年ほど正直上手くなった気がしない。
バイオリンのレッスン模様については書いていないが、同じようなところを行きつ戻りつしている。
むしろ、毎日練習が出来ていない事で、以前よりも下手になっている気すらしている。



でも、良いのだ。

とりあえず、やめない。

それが大事。

弾けるようになるまでやめない。

そしたら、いつか弾けるはず。



なので、安心してもらいたい。
ブログの更新が止まっても、バイオリンはやめない。
そして、ブログが止まっている間は、レッスン内容も実力もほぼ前の状態で停滞していると思ってもらって良い。
ブログの執筆頻度とバイオリンの練習量はかなり比例している。


私は仕事柄、忙しい時期とそうでない時期の差が激しい。
暇な時は毎日定時帰り、忙しくなったら午前様は当たり前、『休日?ナニソレ?』状態。


なのでこれからも、ブログが止まっては再開し、再開したらアホみたいにたくさん更新する・・・という事を繰り返していく気がする。再開した暁には何事も無かったかのようにまた読んでいただけると嬉しい。


思えば、バイオリンを始めてから4ヶ月くらいの間は、たまたまものすごく仕事が暇なタイミングだった。
嫁からも周りからもキチガイみたいに練習していると言われたが、また、いずれそういう周期が巡ってきて欲しいものだ。


   


さて、更新が止まっていた間のことはもう良い。
もう良いが、語っておかねば今後の話が通じないというトピックが幾つかあるので、次回以降でそれを書きたい。


例によってヘッドラインのみ。


『一国一城の主』

『Pon! Pon! Pain!』

『リベンジ』

『ヤブヘビKanon』

『さっさとチャレンジしよう』


以上、5つ。

乞うご期待。

プロ?

今朝の出来事である。


ホームで電車待ちをしていると、どこからか『情熱大陸』のテーマが聴こえてきた。

口笛で



朝の出勤時間帯である。

電車待ちの人で大混雑しているホームに響き渡る『情熱大陸』on 口笛。

移動しながら吹いているのだろうか・・・音だだんだんコチラに近づいてくる。

普通だったら朝の出勤時にホームで口笛などが聴こえて来ようものなら、「朝っぱらからうるせぇよ!!」とイライラがつのるところである。しかし・・・


― うめぇ・・・上手すぎる。


そう。上手いのだ。
あまりに上手すぎて、耳障りでは無いのである。
いわゆる『口笛を吹いている』というレベルを越えている。
『演奏している』と表現して良いだろう。


ちょっと口笛を吹いてみてもらえれば解ると思うが、『情熱大陸』のテーマは気軽に口笛で吹くには難しすぎる曲である。まず、音が取れない。そして、音域が足りない。歯切れ良さ、伸びやかさの両方を実現できなければ「あの」情熱大陸の感じが出ない。


だが、『謎の口笛奏者』は違う。
音の正確さ。音域の広さ。音色の豊かさ・・・どれをとっても只者ではない。
「ちゃんと」情熱大陸になっている。

ネット上に口笛でチャルダッシュを吹いている動画などが転がっていたりして、「すげぇ」とか思っていたが、それらを軽く凌駕している。単に「情熱大陸が吹けます」というだけではなく、ちゃんと音楽になっているのである。
正直、リサイタルがあったら行きたいと思うレベルである。



だんだん、こちらに近寄ってくる謎の口笛奏者。
ようやく姿が見える所まで来た。どこにでもいそうな普通のオッサンの風貌である。

そして、私が並んでいる隣の列に並ぶオッサン口笛奏者。


もちろん、情熱大陸の演奏は続いている。


あれだけの演奏である。
さぞかし忙しく口が動いているだとうと思いきや、よく見ないと口笛を吹いていると気づかないほど普通の顔をしている。

まず口が尖っていない。
そして、いつブレスしているのかわからない。


― すげぇ・・・どうなってるんだ?口の中。


興味津々でオッサン口笛奏者を観察している私は裏腹に、周りの人達はさすがに近寄ってこられると皆嫌そうな顔をしている。そりゃそうだろう。「こっち来んといて!!」と思うのが普通である。


だが、私は、こう思っていた。


― 弟子入りしてぇ・・・


電車がホームに入ってきても続く演奏。
電車が発する騒音の中、口笛の音が聴こえている。電車に音負けしていない。


オッサン口笛奏者とは列違いなだけで車両は同じである。
このまま、電車に乗っても演奏は続くのだろうか。


そうなったら楽しいなぁ・・・と思っていたら、電車のドアをくぐったとたん電源が切れたように突然演奏は途絶えた。


― む・・・ちょっと残念。


車内で演奏が続いたら他の人はさぞかし嫌がるだろうが、私にとっては楽しい出勤になっただろうに。
次に遭遇したら声をかけてみようか。きっと後悔するだろうが・・・。


世の中すごい人はいくらでもいるんだな・・・と思った今朝の出勤模様なのであった。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。