スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェロはじめました

嫁が。



乞うご期待。
スポンサーサイト

ひざ担当

ここしばらくなんとなく重めのテーマが続いているので、ゆるい話題で行きたいと思う。
前回と同じくゲネの日のお話である。


この日は実はゲネの直前までレッスンがあった。
最近恒例の嫁同伴レッスンである。


事情を知らない人が読むと「レッスンに嫁連れて行ってるの?」と思われるかもしれないが、嫁は私のバイオリンの先生からリコーダーを習っているのである。色々と都合が良いので、最近では私のバイオリンレッスンと嫁のリコーダーレッスンの2コマを連続で並べておき、一緒にレッスン行くという事が多い。


ちなみに、嫁も今回の発表会にリコーダーで立つ事になっているが、本番曲の仕上がり具合は私のエックレスなど比べものにならないほど完成度が高い。いつ練習しているのか知らないが、私の半分も練習していないハズなのに一体どうなっているのだろうか。



さて、嫁のレッスンが終わり、私のバイオリンレッスン中のひとコマである。

どの曲をやっている時だったか正確に記憶していないが、さんざん指摘を受けた上で更に追い打ちでもうひと指摘された時の事である。


先生 「あと・・・ひざ屈伸やめましょうか」


そう先生が言ったとたん、少し離れたところで何かを書いていた嫁が「ピコーン」と反応した。


まさに、漫画などで頭の上に「電球」が現れるあの表現のとおりの顔をした。ピコーンという音が聞こえた気がした程である。



満面の笑みを浮かべて嬉しそうに立ち上がる嫁。

先生は嫁の意図を察したらしく、嫁のために場所を開ける。

嫁は私の近くまでやってきて、私の足元にしゃがみ込む。


― なんなんだ、お前らのその連携プレーは・・・



そして、


嫁 「シュッ! シュッ!」


"突き"の素振りをする嫁。


― あぁ・・・アレか・・・


   


説明しよう。

私はバイオリンを弾いているとき、ひざでリズム取りをしてしまう癖がある。
そして、何度か前のレッスンでそれを指摘されたのだ。


先生 「ひざでリズムとるのやめましょうか」


私 「ぁ・・・はい」


そうは言っても、簡単には治らない。
そこで、たまたまその場にいた嫁が、「養成ギプス」役に抜擢されたのだ。


先生 (ちょいちょい)


手招きをして嫁を召喚する先生。


先生 「旦那が、ひざ動いてたら指摘してやってくださいね」


嫁 「はーい」


嬉しそうに返事をする嫁。
そして、何故か足元にしゃがみ込み、謎の構えをする嫁。


何の曲をやっていた時かは忘れたが、とにかくその訳の解らないシチュエーションのままで曲を弾かされた。


そして、その時。
ひざが動いた。


嫁 「シュッ!」


突然、効果音を口で発しながら、ひざを小突いてくる嫁。

『ひざ動いてるで!』というサインのつもりなのだろう。


嫁 「シュッ! シュッ!」


― ひざが動くたびにやるつもりかお前・・・


先生 「家でもチェックしてあげてくださいね」


先生はいたくこの『養成ギプス』が気に入った様子である。


   


・・・と、まぁ、そんなことがあったのである。


嫁 「シュッ! シュッ!」


どうやら今日も『養成ギプス』を買って出るつもりらしい。


先生が「そのまま弾け」という顔をしている。


― 楽しそうだな・・・お前ら


仕方なくそのまま演奏する。


しかし、嫁の動向が気になって演奏に集中できない。
下から「早く動かへんかなー」という嫁の心の声がデカデカと聞こえてくるのである。
小学校で『黒板消しトラップ』を扉に仕込んだ子どもが、それに引っかかる獲物を待っているかのような顔をしている。


嫁 「シュッ!」


― ぐっ・・・


嫁 「シュッ!」


私 「だぁぁぁぁあ! 気になって弾けーん!」


嫁 「あっはっはっは」


― うれしそうだなお前・・・


満足気にもとの席に帰っていく嫁。


― お前、シュッ!シュッ!ってやりたいだけやんけ・・・



しばらくレッスン模様を書いていなかったが、最近はいつもだいたいこんな感じで3人でワイワイやっている。

いつぞやまでのピリピリした練習はどこへやら・・・。

世紀末覇者

先週末、車で嫁と買い物に出かけた時の話である。


向かっていたショッピングモールにはそれなりの大きさの楽器店があり、バイオリンの小物などがそこそこ充実しているので、モールに立ち寄った際には必ずチェックするのが習慣となっている。この日も当然、付いたらすぐに立ち寄る気でいた事は言うまでもない。

運転をしながら何か欲しい小物がないか思案を巡らせていると、ふと、今使っている肩当てのスポンジ部分がモロモロになってきていることを思い出した。



私 「ぁー。そろそろ肩当て買おかなー」


嫁 「ぇ?! 何?! あのトゲトゲ付いてるやつ?


― どのトゲトゲついてるやつだよ・・・


嫁 「なんなーん。ヒャッハーする準備できたん?アッハッハハ・・・」



ひとり、盛り上がる嫁。



参考:「あのトゲトゲ付いてるやつ」

TogeToge



確かに肩当てだが・・・

嫁レッスン(弐)-我が道を行く-

久々に嫁のレッスン模様を書いてみようと思う。
最近嫁のレッスンで少し動きが合ったのである。


ほとんどピアノを弾いている姿を見ない嫁。
しかし、いつの間に練習していたのか判らないが、最近ギロックという教本一冊を終わらせた。

そもそも、3ヶ月くらいで終わりますよ・・・という話だったはずだが、8ヶ月もかかっている。なので弾けるようになったのか先生が飽きたのか判らないが、とにかくギロックは終了らしい。

もともと坂本先生にピアノを教わるのはギロック終了までという話だったので、ピアノレッスンを坂本先生から卒業した。ちなみに嫁は坂本先生からはアルトリコーダーも習っているので、そちらはそのまま継続らしい。


そして、引き続いて工藤先生というフルートがメインの先生に教えていただくことになったらしいのである。
凛ミュージックはもともとピアノから始まった教室である。ピアノが専門の先生はいっぱいいるのだが、何故かフルートの先生からピアノを習う嫁。


バイオリンの先生にピアノを習った後、今度はフルートの先生にピアノを習う。
そして、笛をバイオリンの先生に教えてもらう嫁。

もう、何が何だか判らないが、なぜピアノ専門の先生にしなかったのかを問うてみると、


嫁 「だって工藤先生、褒めてくれるし、やさしいし、かわいいもん」


前に一度ピンチヒッターで工藤先生に教えてもらったことがあるらしいので、その時に気に入ったというわけなのだろう。嫁は音楽の先生に何を求めているのだろうか。


さて、そして、先週の月曜日、2月21日にその工藤先生の一回目のレッスンがあったのである。


   


嫁からレッスン模様を聞かされる。


嫁 「聞いて聞いてー。今日、工藤先生のレッスンやってん」


私 「ほぅー」


嫁 「それがなー、着いたら先生おらんくてなー」


私 「ぇ?」


まさか初回から教室を間違えたとかじゃあるまいな。


嫁 「そしたらなー。トイレから『バーン』って」


私 「ぶ」


嫁 「先生が『まさかのトイレからの登場です!!』って言って出てきてん」


私 「エエな!」


嫁 「そうやねん。ええでー。美人やで。女子力高いでー」


私 「せやな、あの先生、女子力高いなぁ」


嫁 「そやで、細くて、いい匂いするで!」


― おっさんか お前は・・・。


私 「ちなみに、とりっこは?」


戯れに、嫁の自己評価を問うてみる。


嫁 「ぇ?私? 太くて、微妙な臭いがするで!」


私 「・・・」


大阪人としては良い解答だが・・・それで良いのかお前?


嫁 「あとなー 。ひな祭りやからなー、こんなカワイイお菓子買ってなー」


私 「ほぅほぅ」


嫁 「先生に『わかりやすいワイロです!!』って言って渡してきた!」


― お前・・・誰相手でもマイペースで行くのな・・・


工藤先生のもとで嫁が現在取り組んでいるのは、悪名高いハノンとジブリ曲集の伴奏らしい。


― ハノンと伴奏て・・・


結構マゾいと思ったのだが、良く考えてみれば「私とセッションする」という当初の目標から嫁は全くブレていないのであった。

嫁レッスン(壱)-泰然自若-

一月の半ば頃の事である。


嫁 「今日レッスンやってんー」

私 「ほぅほぅ」


どうやら、今日はレッスンだったらしい。
そして、今日はリコーダーのレッスンがメインの日だったそうである。


嫁 「でもなー。笛忘れて行ってん。」


私 「はぁ? 何しに行ったん?」


笛のレッスンに笛を忘れていく嫁。


嫁 「ほんまやでー。しゃーないからピアノメインのレッスンになった。」


私 「さよか・・・」


笛のレッスンだと思っていた先生もさぞかし驚いたことだろう。


普通、楽器のレッスンに楽器を忘れていくだろうか。
多少練習が行き届いていないだけで、ビクビクしながらレッスンに向かう私とはエライ違いである。

阿呆なのか大物なのか・・・
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。