スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Camp Ariruma (14)-合宿場の朝-

二日目の朝。

合宿の朝は早い。朝食の集合時間は7時である。

普段なら起きてすらいないこの時間、さらに昨夜の遅くまでの宴会である。寝坊しない可能性の方が少ないと言えるだろう。宿では初日の朝のように最強の目覚ましは使えないのだから。

そんなネガティブな予想とは裏腹に、奇跡的に6時に目覚めることに成功した私。しかし、起きたとて特にやることもないのでまだ布団の中に居た。気温が下がりはじめた昨今、起き抜けに布団が恋しい。


ゴロゴロすること数十分。6時半頃だろうか。
せーさんがセットして寝たのであろう携帯の目覚まし音が鳴り響く。

しかし、せーさんは起きない。


― ぁー・・・せーさん起こさな・・・


頭はそう考えている。
だが、身体は動かない。

傍観していると、目覚ましは制限時間を迎えて止まってしまった。
せーさんは目覚めない。


― まぁ、ええか・・・まだ時間あるし、せーさんも疲れてるやろうし。


そうやって傍観を続けていると、しばらくしてまた目覚ましが鳴る。スヌーズというやつだ。
しかし、せーさんはピクリとも動かない。

そろそろ起こさないとマズいかもしれない。
しかし、やはり私も動かない。


何度かそういう事を繰り返していると、


「コンコン」


突然、部屋の扉がノックされた。


嫁 「もう皆さん集まってますよー


大変である。ぼんやりしてるうちに7時を過ぎてしまったらしい。
急いでせーさんを起こす。

すると、一秒前まで眠りこけていたのが嘘のように、布団からそのまま『すっ』と立ち上がるせーさん。


― いやいや・・・寝起き良すぎるやろ


急いで食事会場へ向かうと、せーさんと私と以外の一同が既に綺麗に席に座って待っていた。


嫁 「おそーい!Cスケール10往復!


― ぎゃ~


ありるまさん 「完全に寝起きの顔ですね~」


― ちゃうねん。ホンマはちゃうねん。せーさんがあんまり気持ち良さそうに寝てたから・・・


ふと見ると、せーさんは『顔を洗ってさっぱりして来ました』位の勢いで寝起き感が無い。


― 詐欺だ。1分前まで寝てたのに・・・


しかし、『起きてたけど、せーさん寝てるの傍観してたら遅れた』など、言い訳として成立しないどころか、むしろ量刑が増えるというものである。

ここは詫びる意外に道はない。


   


夕食同様、朝食は非常に美味しかった。
絶品だったのはやはり味噌汁。
このお宿は味噌汁が美味しい宿として記憶されることになりそうだ。


食事が一段落し、皆お茶で一服。


せーさん 「これくらい薄いと大丈夫なんですよね」


一瞬、何の話か判らなかった。
突然、前触れ無く『自分がお茶が飲めない』という前提で、目の前にあるお茶の薄さについて語り始めるせーさん。


― そういえばお茶ダメって言ってたな。



誰かが、お茶ダメでしたね・・・と相槌を打つ。



せーさん 「玄米茶なら行けるんですよ」



― イケるんかい! それ、むしろ癖ある感じなんじゃないのか?



誰かが濃いとダメなのかと聞く。



せーさん 「抹茶は大丈夫です」



― ダメなお茶の範囲狭ぇ・・・それって、ほとんどのお茶のジャンル行けるやん



どうやら、『普通の』緑茶の『普通以上の濃さ』だと飲めないというか、体質的に受け付けないらしい。

しかし、それで本当にお茶がダメなのかと、さんざん皆にツッコミを受けるせーさん。


せーさんは昨日からツッコミを独り占めしている。
日が変わっても寝起きでも全てを持っていく。
やはり、せーさん。面白い。


   


朝食の後は、しばしの自由時間。

練習場はお昼過ぎまで利用出来るのだが、それぞれの部屋は早々に空け渡さなくてはならないため、荷物をまとめたり、出られる準備の為である。
だいたい私はまだ寝間着だ。


部屋に上がって荷物をまとめ、自分の荷物を持って練習場に下りると、中からバイオリンの音が聞こえた。
まだ、集合まで1時間はある。そして、鳴っている曲は明らかに合宿の曲ではない。
いち早く練習場に降りて、こんな時でも自分のレッスン曲を練習している人がいるのだ。


練習場の扉を開けると、音の主はチワワさんだった。
こうやってたとえ1時間でも時間を見つけて練習しているからこそ、チワワさんは上手いのだと妙に納得した。
荷物をまとめ終わったらもうひと眠りしてやろうと画策していた私とはエライ違いである。


まさに合宿は刺激の場。
先輩バイオリニスト達から多くのことを学べる。


さっそくチワワさんをリスペクトして、自分も集合時間まで練習をすることにした。
私は単純なのである。


練習に没頭しているとすぐに時間は過ぎ、集合時間となった。
そして、今日のイベントがはじまる・・・。
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。