スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W楽器探しの旅 (序)-タビダチ-

実は、未だ私のバイオリンは教室からのレンタル品である。
しかし、去年の11月末くらいからバイオリン購入に向けて動いている。
色々と情報を集めてみたり、試奏に出かけたりしてアンテナは張っているのである。

今回は、初めて試奏に出向いた時の模様を書こうと思う。

2010年11月23日、勤労感謝の日。
またまた、去年の話である。


   


嫁 「なぁなぁ、笛買いに行こうやー。次までに買わなあかんねん」


お昼過ぎになってようやく起きてきた嫁は、勤労感謝の休日を丸一日バイオリンを弾いて過ごそうと目論んでいた私に向かって、突然こんな事を言い出した。


嫁は前回の嫁レッスンで、ピアノと平行してアルトリコーダーのレッスンもしてもらうことを決めてきた。そのため、急遽、次回の嫁レッスンまでに笛を準備しなければならなくなったという訳だ。

まっこと、計画性の欠片もない嫁である。


さて、何度も書いているが日が開いているので、久々にまた"前提"を書いておこう。


嫁はピアノを習っている。
そして、ピアノの先生は私のバイオリンの先生と同じである。
さらに、嫁は同じ先生からアルトリコーダーを習おうとしているのである。


私のバイオリンの先生 = 嫁のピアノの先生 = 嫁の笛の先生


我々の先生、坂本先生は3つの楽器を操る、いわばトライリンガル。
バイオリンとピアノ両方が教えられる時点で驚きだが、アルトリコーダーも教えられるという破格のスペック。
もしかすると、楽器ならば何でもいけるのだろうか・・・とすら私は思い始めている。「ムックリとか弾けますか?」とか聞いたら、「弾けますよ」と返って来そうで怖い。


話が、それてしまった。


とにかく、自らの師匠でもある人が嫁に「笛を用意して来い」と言っているのである。
しかし、アルトリコーダーといえば中学生が音楽の授業で習う楽器である。三十路も迎えた大の大人が付き添いが必要な楽器とは思えない。


― リコーダーくらいその辺で適当に買うたらええがな・・・


しかし、話を聞けばどうも木製リコーダーが欲しいらしい。
そうなると、それなりの楽器店に行かねばならないだろう。


嫁 「心斎橋行ってぷぃさんのバイオリンも一緒に見ようやー」


― そういえば、心斎橋の楽器屋がバイオリンフェアやってるって言ってたなぁ・・・


自分もいい加減、バイオリンを探し始めなければならないことを思い出して、嫁の提案に乗ってやることにした。

こうして利害が一致した我々は、心斎橋の楽器量販店へと楽器探しの旅に出ることになった。


自分のバイオリンを探すため。

嫁の笛を探すため。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

おぉー今日は、バッチ処理ですね(笑)
続き楽しみにしてます♪

Re: No title

rauloopさん

溜まってた下書きを、一気にアップしました(笑)
しばらくガツガツアップしますので、頑張って読んでくださいね~(´∀`*)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。