スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson18(中編)-アメとアメ-

音階練習のチェックは終わり、ホーマン。


ホーマン153番

HOHMANN_153.jpg


先生 「これから行きましょうか」


私 「はい」


3週間前のレッスンではかなりの自信を持っていながらも撃沈したこの曲。

しかし、それ以来、家でこの曲を弾いたのは今朝の一回だけ。
それも、家を出る直前、時間ギリギリで一回弾いてきただけである。
今回は自信無しである。


― えーっと。最初の指どっからやったかな・・・D線の3・・・と


ザッツ出しからして、自信がない。
しかし、「いつでもどうぞ」状態で待っている先生。

待ったなし。


― えぇい! ままよ!


♪~


予想通り、前回のレッスンと比べて明らかに『落ちている』。
弾くだけで精一杯で、アンサンブルを楽しむというゆとりは皆無である。


― んー・・・こりゃアカンね。


先生 「ちゃんと弾けてるんで、自信持って行きましょう。もう一回」


― 先生・・・なんか、今日、優しくないですか?


先ほどのフリマリーの時といい、今といい、今日はやたらと励ますような事を言ってくれる先生。


♪~


先生 「大体、いけてるんですけど・・・」


― ぇ? マジで? なんか、今日、ハードル低くないッスか?


先生 「ここだけ、やっときましょうか」


指摘を受けているは3段目の『ゆったりゾーン』。
しかし、何が問題なのか告げられずに、3段目からスタートして先生と合わせる。


♪~


先生 「ここ、私のパート意識してます?」


― 前回はしてました


正直、今日は全然先生の音を聴けていない。『間違わないように』弾くだけでギリギリ位なのである。


先生 「ここ、簡単なんで、下のパート弾いて下さい。私、上弾くので」


― ちょ・・・初見とな


先生 「はいっ」


しかし、有無をいわさずザッツを出してくる先生。
予想通りグダグダだが、先生に引っ張られながらなんとか弾く。


先生 「ちょっと練習して弾けるようになってください」


― なるほど、これなら家で練習してきたかどうか関係ないわな・・・


先生の言うとおりそれほど難しくは無く、しばらく練習すると音を並べることは出来るようになった。弾いてみて初めてわかったが、3段目の最後の2小節あたり、かなり私好みで楽しげである。
あらためて先生と合わせる。


♪~


― おぉ! これは楽しいね!


先生が弾く主旋パート。
こんな練習曲でも盛り上がりがあって美しい。


先生 「はい。いいですね。 じゃあ、次、こうしたらどうですか?」


♪~


― あれ? なんか合わない?


先ほど弾けたのはマグレだったという事なのだろうか。先生とテンポ感が合わない。


先生 「なんか弾きにくいでしょ?」


― わざとかよ!!


先生 「ちゃんと、上のパートが下を意識して割ってあげないと、下の人は弾きにくいんですよ」


― なるほど・・・そういう事なのか・・・


相手を待つ・・・程でもない。
フレーズの中に息継ぎポイントを設けてそれを合わせる・・・とでも言おうか。
アンサンブルのテクニックというか、合唱やアカペラでも同じことはする。しかし、ここではもう少し踏み込んだ事を言われている気がした。


『上下のパートで音形が同じではない』という当たり前のこと。


自分のパートのメロディーから来る『割り』だけではなく、下のパートや和声の中でバランスを考えて割りなさいよ・・・という事なのだろう。

この曲の3段目で言えば、上のパートはかなり「気持ちいい」部分である。そして、連続的に音が並んでいて弾きやすい。よって、上のパートが自分だけの世界で適当に弾いてしまうと、全部をつなげた「ベタッ」っとした音楽になってしまったりする。実際、私はそう弾いていた。
しかし、下のパートに目を向けてみると、必ずしも大きな1フレーズで処理するものではない事が見て取れる。
そういうところにちゃんと目を向けて「独りよがりの音楽はやめなさいよ」という事を言われているように感じた。


あらためて上下を戻し、私が上、先生が下のパートで3段目を弾く。


先生 「そうそう。そういう方向です。」


そして、最後にもう一回、初めから通してこの曲は終了。


なぜか、剥がされる宿題シール。


― ぇ? クリア?


先生 「こうやって、どんどんシールが剥がれると楽しいですねぇ」


やっぱり先生。今日は優しいかも知れない。


続く。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。