スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson20(前編)-新春生誕同伴スペシャル -

― 2011年1月8日 ―

この日は20回目にして、2011年最初のレッスンだった。
そしてぷぃぷぃ虫32回目の生誕記念日である。


しかし、歯が痛い。
生まれて初めて歯が痛い。
前日に歯医者で治療した後が痛いのだ。


前に、嫁が「歯が痛いときは『歯痛い』しか考えられへん」と言っていた。
その時は「アホ言え。痛いくらい耐えろや」とか思っていた。

しかし、嫁の言うとおりである。


歯が痛い。痛い痛い


歯が痛い以外に考えられることは無い。
あまりの痛さに人生で初めて痛み止めを飲んでみたが、痛み止めは無意味な薬であることを学んだだけだった。
まったく、神様はとんだ誕生日プレゼントをくれたものである。


一人になると痛さが心にしみるので、気を紛らせるためにレッスンに嫁を連れて行くことにした。私の「歯いたいー」を聞く係りである。

家からレッスンまでの道中、約50分。「痛い」しか言わない私に嫁を付き合わせる。


嫁 「イタイイタイうるさい」


ごもっとも。


   


開始時間の10分ほど前に、レッスンルームについた我々。
扉を開けて中に入ると、まだ、前のレッスン中だった。


こちらに気付いて、満面の笑顔で嫁に手を振る先生。


― 先生・・・嬉しそうですね。


先生のそんなリアクションにも慣れてきたし、歯も痛いので特に絡まずバイオリンをセッティングにかかる。
そうこうしている内に、前のレッスンが終了した。


先生 「ぉー 嫁付き! どうしたんですか?」


嫁 「今日ねー。歯痛いらしいんですよ」


先生、苦笑。


嫁ときたら、保護者気取りである。
これではまるで、痛いから一人で来れない子みたいではないか。
まぁ、何も間違っちゃいないのだが・・・。


私 「別にそれ、言わんでええやん」


歯が痛い言ったところで、レッスンが優しくなるハズもないことは解かっている。


   


前のレッスン生と入れ替わり、調弦をはじめようとした時だった。


ポロン~♪ ポロン~♪


おもむろに、グランドピアノを弾き始める嫁。


― ちょ・・・


人のバイオリンレッスン中に勝手にピアノを弾き始める嫁。
自由にも程があるというものだ。

あまりの突飛な嫁の行動につっこむ気も置きず、先生と二人して笑ってしまった。


嫁 「ぇ? あかんかった?」


良いと思える方が不思議である。


気をとりなおして調弦をしていると、今度は先生と世間話を始めた。
調弦を先生に聞かれるのはそこはかとなく緊張するので、こうして先生の意識をそらせてくれていると助かる。


嫁 「そうそう、ピアノの調律来たんですよー」


先生 「ぁ、そうなんですか?どっちで調弦しました? 442? 440?」


やはり、そこは気になるところのようである。


嫁 「調律のお姉さんも聞いてくれたんですけど、440でしてもらいました」


先生 「ぇ?なんでです?」


嫁 「なんか、格好つけてるみたいで嫌やって・・・」


と言いながらこちらを見る嫁。


先生 「ふーん。 442にしてもらったほうが良いですよ」


何故か、私が悪いかような空気になっている。


   


さんざん嫁に揺さぶられながらもようやく調弦を終え、レッスン開始。
今日もまたフリマリー音階地獄からである。

続く。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

書きこむのははじめましてでございます。

誕生日はなんとも嬉しいものですよね、オメデトウゴザイマス!
(ってすでに数日経っちゃいましたがっ)

義務教育以外で楽器を触ったことがない僕ですが、クラシック音楽を聴くのが大好きでして。
なかでもやっぱりバイオリン!
で。
へ~~~バイオリンってそんなにまで難しいんだ!って。時にニヤニヤしながら拝見させていただいております(笑)

歯、実は僕も。ガキンチョ以来ほんとうに久しぶりに強烈にしみちゃいまして、この1月26日(水)に歯医者で見てもらってきました。
僕も歯にばっかり意識が行って、辛かったです!

でも、なんとなんと、僕がしみた場所、虫歯ではなく、歯ぐきでした。歯ぐきをゴシゴシ磨くのが原因だ、と。
そことは全く別の場所に、がっつり穴が開いた一本が。こちらは全く痛みもしみる感覚もなく。不思議なものです。

痛い歯、早く治まると、完治するといいですね。

Re: No title

岩渕猛さま

こんにちわ。
書き込みありがとうございます。


バイオリンは難しいだろうなぁ・・・とは思ってたんですが、正直これほどとは・・・って感じです。
10年くらいは簡単に持っていかれそうです。

岩渕さんも歯痛、しかも、歯痛と思ってたら歯茎痛だったなんて、奇遇ですね~。
私も、歯の治療後に痛くなってきたので、「削るの失敗したんちゃうんか?」と思って歯医者に行ったのですが、診断は歯ぐき。そして、歯ぐきに薬を塗ると痛くなくなるので、やっぱり歯ぐきが痛んでたんでしょうね。
同じ痛みを持つ同士が他にもいたとわかって、ちょっと安心しました(笑)


お互い、早く歯の治療が終わるといいですねー

「痛い」を聞く係

歯が痛いときは、それしか考えられないっての、よくわかります。愚痴ったら多少は軽減されますけどね~
痛いの聞く係で妻同伴てのはすごいですね。愛なんだな(^-^)

しかも、いきなりピアノ弾くとか、振り回してさらに痛みを軽減しようなんて、ずいぶんナイスなサポートではありませんか。

早くおさまるといいですね。

で、442のほうがいいんだ?? バイオリンの先生的には。

Re: 「痛い」を聞く係

アンダンテさん

こんにちわ~

人に痛みをぶつけるというか・・・イタイイタイ言ってるとなんか気がまぎれて軽減されるんですよね(´∀`*)
よくついて来たと思うんですが、愛というよりレッスン後の『外ご飯』につられたんだと思います(笑)

記事は1/8の出来事なんですが、2/1現在、まだ治まっておりません。
マシにはなってる気はするんですが・・・・うーん。


調律は、二人で弾いたときに気持ち悪いよ・・・って言われました。
でも、そのときだけバイオリンの調弦をピアノに合わしたらええんじゃね?・・・とか私は思うんですけど、耳的にはあんまりなんでしょうかね。そういえば、レッスンルームのピアノは442なのかどうか聞くの忘れてましたね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。