スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 楽器探しの旅(03)-相棒-

店員が先程のMogaの上位機種をたずさえて戻ってくる。


GEORGETA MOGA #M


そして、台の上に店員がバイオリンを置き、その姿が目に入った瞬間に思った。


― こいつかもしれない


何故、そう思ったのか解らないが、確かにそう思った。


見た目がかなり好みである。

下位モデルである先のMogaよりも全体的に濃い色で落ち着いている。少しグラデーションがかかったような塗りで、ネック付近が少し薄い色になっているのもまた私好みである。

そして、持ち上げてみると想像以上に軽い。


嫁 「わぁ、裏 一枚板やん」


裏返してみると、嫁の言うとおり一枚板だった。


― よー 見てるなぁ


構えてみると、妙にしっくりする。


期待を込めて、一弓。


私 「!!」


嫁 「!!」


二人して目を剥いて驚く。


― 来た! こいつだ!


広がる立体音。
しっかり立ち上がって、そして、響く。

柔らかい。だけどしっかりと主張する。


嫁 「3Dのテレビ見てるみたいやで! なんかこう、奥行きがある!」


嫁。大絶賛。


スケールも弾いてみる。
低音がしっかり響くし、高音も申し分ない。


― コイツだ。コイツがいい。


嫁 「これがいいー。これにしよー。」


嫁。大喜び。


なんといっても弾いていて気持ちが良い。
ずっと触っていたくなる感じである。


私 「コレにします


即決。

絶対に即決は禁止と思っていたのに、散歩がてらの試奏で即決。


嫁 「これと同じモデルが雑誌に載るんですか?」


店員 「いえ、コレがのります。」


私・嫁 「ぇ?」


店員 「まさにこのバイオリンを送ったんですよ」


雑誌に載せるというから、同じモデルが今サラサーテ側にあるものだと思っていたが、眼の前にある楽器を送ってすでに取材を終え、それが戻ってきているのがコレだというのだ。ということは、次号のサラサーテには目の前にあるMOGAが載っているということになるわけである。


店員 「雑誌に酷評が書かれてても返品しないでくださいね」


そう笑顔で言う店員の顔は、酷評が書かれるハズもないという自信に満ちている。


店員 「それ用に魂柱も駒も新しく造り直したので、自信はあるんですよ」


― あぁ。この店員もこの楽器が好きなんだなぁ・・・


なんとなくそう思った。


バイオリン本体の良さもさることながら、調整をしてくれた人を信頼できるというのは大きい。バイオリンは買って終わりではない。今後、長きにわたって面倒を見てもらう必要があるのである。


こうして我が家に来ることになったルーマニア娘、GEORGETA MOGA。

2ヶ月以上にわたって探し続けたバイオリン。
ようやく、相棒を探し当てることが出来た。
スポンサーサイト

comment

Secret

ゲオルゲータ

ゲオルゲータって・・・w
女の子なんでしょうかね、男の子なんでしょうかね?
この前お名前聞いてなかったもんで(笑)
どっちにしても、かわいがってかわいがって、骨まであいしてあげてください^^

No title

楽器購入おめでとうございます。

ドイツABCDの時点でちょっと先が読めましたが(笑)

聞けるのを楽しみにしてます♪

No title

ついに!の楽器購入おめでとうございます。

文面から察するにもしかしてお店は、国○○○○さんでしょうか?
僕はここで購入したんですが、どうしたものか買ったその日に
駒を倒し、E線をぶち切りました。
自分の適性の無さに不安を覚え
激しく落ち込みながら翌日店に持ち込んだら、
店員さんが丁寧に対応していろいろ教えてくれました。

やはり信頼できる店員さんのいるお店は良いですな。

今度のレッスンで拝聴させて頂きます(^^)。

Re: ゲオルゲータ

チワワさん

こんにちわ~

ジオルゲータ=モガと読むらしいです。
通称はモガの予定。

個人的には女の子の印象でした。
もう、溺愛ですよ(笑)

Re: No title

rauloopさん

こんにちわ~

そちらこそ、楽器購入おめでとうございます。

やっぱりバレますよね(笑)
モガが出てきた瞬間、他の楽器から興味を失ったんですよ。

New楽器同士でアンサンブルしましょうね~。

Re: No title

鋼のかっぱえびせん さん

こんにちわ~

多分思っている楽器店で間違いないです。

それにしても、駒を倒すとか大事件ですね・・・。
私は弦はよく切るのでもう慣れましたが、駒が倒れたらパニックになることでしょう。

気に入ってしまったので、なんやかんやで楽器店に何度も足を運んでしまいそうです。

おめでとうございます

2ヶ月探したかいがありましたね…

ご夫婦共に耳が良さそう…
即決めしちゃいましたね(^^ゞ

shoppingはなんでもそんなもんです…

雑誌に載ったり、名前も芸術家っぽいですね~

モネとかドガとか…色彩豊かな音がしそう~

私も新しいのが欲しくなります…(いや、今のも全く鳴らせてないのです…が、バイオリンのせいにしちゃってるところ大きいので…)
良い楽器買ってしまえば言い逃れ出来ないですもんね(^^ゞ

Re: おめでとうございます

anis さん


ありがとうございます!
諦めずに探した甲斐がありました。


嫁は18年ほど合唱をやっているので、それなりに耳が肥えてきているというか、「好みの音の方向」のようなものは持っているようです。今回、「コレ!」っていうのが二人して完全に一致したので、うっかり即決してしまいました。


モネ+ドガでモガって何か良いですね。
それ、イタダキです(笑)

ブログ的には、雑誌に載るとか、ネタが増えて助かりますね(*´∀`)


私も楽器を買ってしまったので、もう言い訳できません。
店員はすばらしい演奏を奏でてましたから・・・。

はじめまして、モガのバイオリンで検索してたどり着きました。

今日私も初めてモガというメーカーを知り、いちばん高いニューモデルを弾かせてもらいました 。

外観はアンティーク仕上げで、それは好みではなかったのですが、弾きやすさと音の柔らかさ、そして音の出やすさも素晴らしかったです。

ちなみに、10万円の弓で弾かせてもらったんですが、その弓が楽器と相性が素晴らしくて、30万までの弓まで色々試しましたが、その組み合わせが最高でした。

また、違う店では、そのモガとほぼ同じ価格の、カールヘフナーという楽器と、同じくちょうど10万円の弓と相性が素晴らしい組み合わせの物があり、モガとヘフナー、両方に心ひかれています。同じ場所で試奏出来たらいいのですが(苦笑)。

モガは素晴らしいと思います。だいぶ前の日記に書いて申し訳ありませんが、ご購入おめでとうございます♪

Re: タイトルなし

いさおさん


コメント有難うございます。

モガを購入して一年になりますが、満足しております。
私の弓も定価では10万円クラスのものです。
どうやら、モガにはそれくらいのクラスの弓があっているのかもしれませんね。

私は大阪の国際楽器社というところで購入しました。


ここからは私の個人的な所感です。
まだ、ご購入されていないのでしたら、参考になればと・・・。


モガに限りませんが、東欧のバイオリンは低価格でも手作りが多く、
工業生産ものではない独特の味わいがあると思います。
また、それ故に、個体差が非常に大きいと思います。

よって、当たりを引ければ、同じ価格では東欧の楽器の方が
ドイツやイタリア等のブランド生産地よりも良い楽器が手に入ると思います。
ただ、同じ用に「逆の場合」つまり、ハズレを引く可能性があるわけで、
かなり弾きたおして吟味して購入してもらった方が良いと思います。

購入時には気付かなかったのですが、私の楽器はC音にウルフを抱えています。
Cではウルフにならないように指板よりでボウイングするなど、
楽器に合わせてテクニックで解決すべき楽器特性を持っているのです。
おそらく、これはモガ全てで起こるのではなく、
楽器の個体特性なのだとは思います。

私は購入に際して、ニ長調とかイ長調でしか試奏しなかったので、
C音でのウルフに気付かなかった訳です。

これは、初心者にとっては、テクニックを学ぶ上で、
非常にマイナスになり得ます。
(ウルフなのか、ボウイングが下手なのか判別できない為)

また、歴史が浅いため、経年変化に対するデータが非常に少ないです。
モガではありませんが、他の東欧系の有名どころであるベラバーチなどは、
経年変化で「劣化する」ケースがそこそこ報告されているようです。

モガで検索して私のブログにたどり着かれたぐらいですので、
それほど情報や経験談が少ないということだと思います。

その上で、モガは鳴るときはそれはもう良く鳴るので、
私は気に入っています。

たびたびのコメントすみません、そしてインプレッションありがとうございます。ウルフというのは知らなかったのですが、そういうのがあるんですね、ネットで調べました。しかし、良い楽器ほど多い、という情報が多かったです。やはり素晴らしい楽器なのでしょうね。やはり国際楽器社でしたか、私もそちらで試奏し、話を聞いてきました。MOGAは日本でも国際楽器社しか扱ってないそうですよ。私が弾いたモデルはSモデルといって、アンティーク仕上げの外観で、ニスの出来が特に良いとされるモデルです。あまりにかっこいいので、外観だけで欲しいとさえ思えてきました(笑)。その弓との組み合わせで、パワーもなかなかあるし、弾きやすさではかなりのもので、ちょっと擦っただけですぐ音が出て、逆に物足りなさを感じるくらいでした。ヘフナーの方はかなり弾きごたえがあります。しかし、同価格帯とはいえ、MOGAは価値がありそうですね。

Re: タイトルなし

いさおさん

こんにちわ。

コメントが盛り上がってくれるのは嬉しいものです。
良い機会なので、記事の方にインプレッションをまとめてみました。
総合的にはすごく良い楽器だと思います。特に、すでに十分弾ける方にはとても良いかと。

MOGAは国際楽器社だけのお取り扱いなのですねー。

私はMOGAとは別に、国際楽器社も気に入っています。
どこでもそうなのかもしれませんが、楽器のメンテナンス等を非常に親身に丁寧にやって下さると感じています。割りと頻繁に(2~3ヶ月に一度くらい)メンテナンスをしてもらうのですが、弓の毛替え以外で費用を請求されたことがありません。駒を削ってもらうレベルのリペアでも整備費用を払わせてくれませんでした。
私は素人なので腕のほどは解りませんが・・・(笑)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。