スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson23(前編)-鑑定-

調弦を終えてレッスンを始めようかという頃になっても嫁はまだ来ない。


先生 「鍵閉めといたら、楽しいですかね?


なんというオチャメさん。
その企画を全力で支援することにする。


私 「面白いことになると思いますよ。」


このレッスンルームの入口は、ガラスの扉になっている。
よって、入り口で閉めだされて「入れてくれー」という状態で涙目になる嫁を鑑賞できるという訳だ。


ガチャリ


鍵を閉める先生。


― 先生、おぬしも悪よのぅ・・・。


仕込みも終わったところで、ようやく先生の興味がバイオリンへ。


先生 「では」


先生にモガを手渡す。


   


そして、ガツガツ鳴らし始める先生。


― 音デケェ・・・


しかし、先生はあまり楽しそうじゃない。
それどころか、嫁が扉を開けようとしてトラップにかかるのを今か今かと待っているようで、チラチラ扉を気にしている。


― バイオリンより嫁かよ!!


先生 「これ、新作ですか?」


私 「はい、去年のです」


それが、『新作にしては鳴るね』という意味なら嬉しいのだが、先生の表情からはあまり感想が読み取れない。


― イマイチなんかねぇ・・・


どうやら、バイオリンよりは弓を気にしている様子。


先生 「これくらいで、張りすぎって言われました?」


先生が言っているのは、私が楽器店の店員に「弓張すぎですね」と言われたことを指している。


私 「いや、もうちょっと張ってて、今くらいにした方が良いって言われたんです。」


先生 「ふーん」


先生がなにやら、人間業とは思えない弓使いで色々試してる。高速のスピッカートだかサルタートだかそんな感じのをやっているのだが「弓が暴れて弾きにくいぜ」というような顔をしている。


先生 「これくらい張ったほうが良いですよ」


見ると、キンキンに貼られている。


― うーむ・・・イマイチの弓なのかねぇ


結局バイオリンへの感想は無かった。


― 先生的にはイマイチなんかねぇ・・・


もう少し喜んでくれると思っていたのだが、少し残念である。


先生 「これにはドミナントじゃない気がしますね」


私 「はぁ」


先生 「弦をもっと華やか系のにして、ギラギラの音で弾いてあげた方がいいですね」


習ってないエリアの音もしっかり鳴らしてあげなさい等、いくつかアドバイスを貰って先生による鑑定が終了。
結果は不明。だが、良好ではないかも知れない。しかし、不思議なことに、たとえ本当に先生的にイマイチだったとしても「別にええわー」としか思わなかった。


   


モガの鑑定がおわったところでレッスン開始。
まだ嫁は来ない。


先生 「来ないですねぇ」


先生は嫁が来るのを心待ちにしすぎだと思う。


先生 「じゃあ、とりあえずイ長調いっときますか」


私 「ぐ・・・」


先生 「どうしました?」


フリマリー 『イ長調 スケール&アルペジオ』
HRIMALY_005_Adur.jpg


私はこのブログで過去に「今のところ長調系ではイ長調が一番苦手」というような事を書いている。なんとなくそれを狙い撃ちされた様な気がして思わず唸ってしまったのである。


観念して弾き始めたその時。


ガチャ!

ガッチャ!ガッチャ!

ガチャガチャガチャガチャ・・・


嫁登場。
期待通り、扉の向こうで「あーけーてー」という情けない顔をしている。

先生、大喜び。


嫁 「なんでしめ出すんですかー」


なんだろう・・・このゆるい空気。


嫁 「バイオリン買ったんですよぉ」


その話はもう済んだぞ。嫁。


気を取りなおしてイ長調。
しかし、あちこちで音を間違える。


先生 「指の間違いはともかく、4の音程が軒並み低い!」


弾き直す。


先生 「アルペジオの移弦がこれ見よがしにやってるのはなんでですか?」


私 「いや、あの・・・こう、移弦タイミングかなり一生懸命やらないと・・・」


言い訳の途中で先生は無言で、楽譜の最初を指さす。


イイワケはいいから弾け


きっとそう言っているのだろう。


もう一度弾く。


先生 「じゃあ、次、ト短調」


イ長調はとりあえず放免らしい。


   


フリマリー 『ト短調 スケール&アルペジオ』
HRIMALY_006_gmoll.jpg


先生 「1のミが低い」


指摘されているのはスケールの5番目の音。ミのナチュラル。


先生 「コレくらいで行きましょう」


手本を示してくれる先生。


とりあえず、音の確認をするためにスラーではなく単音ボウイングで一音ずつ弾いて行く。


先生 「それで良いですけど、なんで一音ずつ弾いてるんです?」


私 「いや、ほら・・・まずは音を確認しy・・・」


言い訳の途中で、また先生は楽譜の最初を指さす。


イイワケはいいから弾け


私 「しゃべらしてくださいよー」


さて、このト短調の音階練習で個人的な鬼門は、アルペジオふた山目の上のミ♭。
ここが、4の指でこれまであまり出てきていない半音下げの4。この音がまず不安定になりやすいのと、押さえ慣れしていないためかE線に触ってしまいやすく、次のソもカスカスになったり変に切れてしまったりするのである。

案の定アルペジオの不安定さを指摘される。


その後音程に注意してアルペジオだけを何度か弾き、今日のフリマリーは終了。
いつもより短めで許してもらえたような気がする。


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

ぷいぷい虫さんの楽器、見た目にも音にも独特の雰囲気があって良かった~!

今度もう少し触らせてくださいな。人の弓だと弾けないので、満足に触れずでした。

ぷいぷい虫さんと先生の絡み相変わらずおもしろいですね。

フリマリーじゃ私の場合は、まず盛り上がりません(笑)

華やか系のギラギラ

πをお試ししてみてはどうでしょう?
静岡でわたしが使っていた紫のアレです
立ち上がりがよすぎてギンギン鳴ってやかましいっていうか・・・
わたしの好みではありませんでしたが(^^ゞ
ドミナントは外して、湿度に気をつけてキレた時用に予備にしまっておきましょう
でもお高いのよね・・・ちょっと・・・w

Re: No title

rauloopさん

こんにちわ~

私だけが弾いていると小うるさい楽器になりそうなので、是非rauloopさんの柔らかい響きで弾いてやってください。

私の弓はどうも一癖あるのかもしれません。先日のアンサンブルレッスンの時はあの場の全員が弾きにくそうでしたし、坂本先生も首を傾げながら試しておられましたので・・・。私個人的には、右腕の調子が良い日には手にも弦にも吸い付くような一体感があるんですが、調子が悪い日は暴れまくります。

Re: 華やか系のギラギラ

チワワさん

弦を試すためには、全張替えというイベントをクリアしないといけないわけで・・・(;´Д`)
ここ数ヶ月弦を切ってないので(笑)そろそろ張り方を忘れている頃ですねぇ。

先生には「とにかくギラギラなるやつ」って言われてるので、良いかもしれませんね、π。
そうでなくても、周りから「音が太い」といわれている私がπを鳴らすと、エライことになるかもしれませんね(笑)

No title

こんばんわ。

>私の弓はどうも一癖あるのかもしれません。

もしかしたらそれもあるかもなのですが、
以前弓の試奏したときも、ぷいぷい虫さんの後は弾きにくかったような(笑)
ということで弓の貼り具合の差が一番大きい気がしました。。
ただ気になってきたので、今度は弓もじっくり弾かせてくださいな。

>私だけが弾いていると小うるさい楽器になりそうなので、
>是非rauloopさんの柔らかい響きで弾いてやってください。

うるさいという印象は無いです。
はっきりはっきりという感じ。
楽器の音を耳元で聞いているせいか、あまり自分の音色ってよくわからないんですよね。
録音したらしたで全く違うものに聞こえるというか。

Re: No title

rauloopさん


基本私は弓を強めに張ってるからなんでしょうね。
この間はあの場の全員が弓暴れてる感じでしたし・・・。
店員は張りすぎって言うけど、先生はもっと張れって言うし・・・うーん。上手い人程緩いとかですかねぇ・・・。


私は弓の張り具合に限らず、弓自体の良し悪しもイマイチわかってないんですよね。
弓の最適値というか目標の方向性が見えてないです。
一回真剣に弓も色々弾き比べてみないとですねぇ・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。