スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里子アンサンブル(01)-不安-

2011年2月13日土曜日。
この日は初めてのアンサンブルレッスンだった。
そして里子レッスン、つまり、坂本先生以外の先生によるレッスンである。


   


レッスンはいつもの心斎橋教室ではなく、つい2~3日前にオープンしたばかりという本町の教室に向かう。
私は大阪に住んで長いが、都会の喧騒というやつが苦手であるため「街に遊びに行く」ということをしない。さらに職業がITエンジニアであり、基本的に内勤ばかりで外回りに行くということもほとんどない。よって、大阪市内の地理に全く明るくないのである。したがって「本町に来るように」という時点で既にかなりひるんでしまうのである。

地図を頼りに、指定された住所にたどり着くとそこには怪しげなビル。
一応断っておくが、別にそのビルだけが怪しいわけではなく、3~5階建てくらいの何が入っているかよく判らない都会の小ぶりなビルはすべて「怪しげ」に見えてしまうという田舎者気質なだけである。

教室がオープンしたての為か看板のようなものも無く、本当にここで良いのかと不安になる。
恐る恐る階段を上がっていくと、バイオリンの音がする。
どうやらここで間違いが無いようだ。


アンサンブルレッスンというが、私は誰が参加していて、どんなレッスンが展開されているのか全く知らない。前回の通常レッスン時に大量に楽譜を渡されただけである。かろうじてrauloopさんが参加しているということだけは知っているという程度にしか情報がなく、どれくらいのレベルが要求されるのかも知らないため、かなりビビっている。


ずいぶんと威勢よくバイオリンの音が聞こえると思ったら、レッスンルームの扉がドーンと開いていた。ビルの他の階にまで音が聞こえているが別に問題は無いのだろうか。


そして、恐る恐るレッスンルームに足を踏み入れる。


私 「こんにちわ~」


一同 「こんにちわ~」


その時点での参加メンバーは私以外に3名。
男性がrauloopさん、鋼のかっぱえびせんさんの2名。女性がFさんで1名。珍しく男性優位である。

ちなみに、Fさん含め3人とも以前に我が家で宴を催した際に遊びに来てくれた面々である。さらにその前にrauloopさん宅で宴が催された際にも全員が参加しており、その時に「酒:バヨ = 95:5」と豪語した女性こそがこのFさんである。

つまり、3人とも呑みに行ったりして気心の知れた仲なのである。
メンバーが見知った顔であることで、かなり私のビビり具合は軽減された。


レッスンルームの奥のほうを見ると、先生らしき女性が二人立っている。
メインの講師である橋田先生と、もう一人はフルートの先生であるという工藤先生。

共に美人。
ウチの嫁の言葉を借りれば「女子力が高い」ということになるだろうか。


― なるほど。可愛くて、癒される。理解した。


メンバーの中で本日が初参加であるのは、私だけということで先生方と軽く自己紹介などをする。
そうこうしているうちに、レッスン生の中では重鎮と呼ばれるKさんが到着しフルメンバーとなった。


   


先生から本日の楽譜が配られる。


橋田先生 「既に楽譜を配ってますが、もう少しちゃんと書いて来た物を配ります」


今日の題材は有名なシューベルトの『鱒(マス)』。その『マス』のピアノ五重奏曲をバイオリン・フルート・ピアノによるアンサンブル用に編曲した楽譜が配布された。


― よし!練習してきてない俺、勝ち組!


今配られた楽譜を初見で弾くのであれば、練習してきていなくても同じである。前日に通常のレッスンがあったこともあり、元々配られていたマスの楽譜では30分くらい軽く音をさらってきた程度なのである。
楽譜は主楽譜(テーマ)とバリエーションの2種類。それぞれバイオリンは4パートと3パートに分かれている。


橋田先生 「パートも決めてきました」


私はどちらのバリエーションでも2nd。
テーマ楽譜の方を見ると、出だしから二段目くらいまで音が二つしか無い上、その内の一つは開放弦のラ。
しかも他のパートは一人ずつ担当しているのに対して、私は鋼のかっぱえびせんさんとセットである。鋼のかっぱえびせんさんは私より1ヶ月程度先輩である。


― 初心者万歳!


見るからに初心者向けのパートに指名されてほくそ笑んでいると、


橋田先生 「じゃあ、さっそくやってみましょうか?」


― ぇ?もう? とりあえず個人練習とかは・・・?


初見でいきなり合わせである。
優しそうな風貌と雰囲気とは裏腹にレッスンそのものは厳しく行われるというわけだ。


そしてさっそく合わせてみる。
ちなみにテーマでのパート分けは、以下のとおり。


1st:我らがリーダーrauloopさん

2nd:鋼のかっぱえびせんさん、ぷぃぷぃ虫

3rd:裏のリーダーFさん

4th:重鎮Kさん


1stは分かりやすく主旋律。
4thがベース進行パートで、2ndと3rdは和音パートであるが、上手く和音を回転したりなんやらしているのか2ndだけが異様に簡単になっており、メンドクサイ感じの動きは全部3rdに行っている印象の楽譜。


橋田先生 「リーダーはrauloopさんですから、rauloopさんの入りで始めてください。」


2/2拍子での二拍目裏拍のアウフタクト。私なら「ギャー」となるところだ。
笑顔でやさしいようで、厳しいところは厳しいようである。


rauloopさんの指示でスタートする。
さすがはバイオリン門下生トップクラスと名高いrauloopさんのザッツ。全員が問題なくスタートする。
そして、初見にもかかわらず最後まで一応通る。

超初心者向けパートである2ndはともかく、他のパートが初見で通るというのはすごい。いったい他の人は普段どれくらい練習しているというのだろうか。


橋田先生 「イイ感じですね~。 ですよねー?」


と工藤先生にふる。

すると、工藤先生も、


工藤先生 「えぇ。最初からこれくらいとかスゴイです」


などと言っちゃっている。

いくら私が初心者とは言え、合唱で耳はそれなりに鍛えてある。
今の合わせが「そんなに言うほど上手くはない」という事は判る。
だが、悪い気はしない。それが人間というものである。


― なるほど。やさしくて、癒される。理解。


褒めてくれるタイプのレッスンというわけだ。


しかし、この後、実はジワジワ厳しいレッスンが待っているとは知る由もなかったのである。


続く。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

今回は、同じ教室仲間としては、共感してツッコミを入れずにとてもいられないのですが、
色々な方が見られているブログなので、なるべく自重します(笑)

>超初心者向けパートである2ndはともかく、他のパートが初見で通るというのはすごい。
>いったい他の人は普段どれくらい練習しているというのだろうか。

半分は前のレッスンでもやっていますので、スムーズに弾けたんです。
(パートを交代しながら。)
そんな器用じゃないですよ~。
むしろ、初参加でよくあの無茶ぶりを乗り切ってるのが凄いです。

>1st:我らがリーダーrauloopさん

えっ、、、、そういうポジションだったですか。
でも皆が(もちろん自分も)気持ち良くできたら、
という思いではいつもおります。

思い返してみると、本当に面白いレッスンでしたね。
この後のぷいぷい虫さん的解釈が楽しみ。

Re: No title

rauloopさん

こんにちわ。
遠慮無くツッコミを入れてやってください(笑)


テーマの方は私が参加する前に一度やってたんですねー。
皆、普通に弾いておられたので凄いと思っていました。
私はニコニコしていましたが、内心はドキドキしっぱなしでしたよ(´∀`*)


リーダーとか重鎮とか裏のリーダーとか書いているのは、いずれもレッスン中に登場したものですよ。
橋田先生がrauloopさんをリーダー、Fさんを裏のリーダーとおっしゃってたので(笑)
でも、イベントごとを企画したりしてくれるのは大体rauloopさんだったりするので、やっぱりリーダー的ポジションかもしれないですね~

このレッスン、メモのページ数もすごい多いことからも濃いレッスンだったことが分かります。たぶん、ブログも結構な回数になるかな・・・・

No title

>こんにちわ。
>遠慮無くツッコミを入れてやってください(笑)

では、遠慮なく。
私じゃなくてもうちの教室ツッコミどころだらけやと思います(笑)

>テーマの方は私が参加する前に一度やってたんですねー。
>皆、普通に弾いておられたので凄いと思っていました。
>私はニコニコしていましたが、内心はドキドキしっぱなしでしたよ(´∀`*)

そうなんですか。
全く伺い知れなかったです。

>リーダーとか重鎮とか裏のリーダーとか書いているのは、いずれもレッスン中に登場したものですよ。
>橋田先生がrauloopさんをリーダー、Fさんを裏のリーダーとおっしゃってたので(笑)
>でも、イベントごとを企画したりしてくれるのは大体rauloopさんだったりするので、
>やっぱりリーダー的ポジションかもしれないですね~

なるほど。フォローもサンキューです。
このレッスンだけでなく、飲み会とかでも全く同じのりなので、勘違いしました。
実質のリーダーはYさんやと思います。

>このレッスン、メモのページ数もすごい多いことからも濃いレッスンだったことが分かります。
>たぶん、ブログも結構な回数になるかな・・・・

まだかなり序盤ですものね。。
楽しみにしてます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。