スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼が来たぞ?

私には苦手な音がある。

それは、素人目線で言うところ「上のド」である。
バイオリンで言えば、A-2のド。


私はA線の2の指、ドの音で必ずと言っていいほど音がかすれる。
かすれるというよりは、音が詰まっているというか、弓がバイオリンから弾かれるような感じがする・・・とでも言おうか。とにかく、ドを弾くと自分でも納得がいかない音がするのである。

ドの付近だけ明らかに他の音と振動特性が違う気がするのだ。


右手の調子が極端に悪い日でもなければ、他の音では弦は「ブーン」と円を描く様に振動しているのが目で見えるのであるが、ドだけは、そもそもまず真っ当に振動しない。「ギコギコギコ」という感じでおかしな振動をして、全く響かない。

私は、ずっとそれを指の押さえ方やボウイングがおかしいのだと思って色々と試行錯誤をしているのだが、一向に治らない。


A線でラシドレミと続くスラーがある場合、ドだけが残念な音になる。自分なりにとは言え、スラー中に他の音がちゃんと鳴っているのに、ピンポイントでドだけがならない。スラー中にそこだけ指とボウイングがおかしくて音が崩れているとでも言うのだろうか。

不思議なことに、1stポジションの同じ手の形で、他の弦(G-2のシ♭、D-2のファ、E-2のソ)ではそうならないのだ。さらに、最近になってA-2のドだけでなく、実はD線のハイポジでドを鳴らしても同じことが起こるということに気付いた。


つまり、明らかに"ド"でしか発生しない現象である。


自分で「ぁ!音外した」と思った時には比較的起こりにくい。
ドであればあるほど音が割れるのである。


唯一見つけた自己流の解決法は、駒から離して弾くと発生しにくいということである。

だが、基本的に現段階では駒から離して弾くことは禁じられているため、割れる音で嫌な思いをしながらドを弾いている。だから、極力ドを使いたくないという心理が働く。なので、二長調やイ長調の曲は嬉しい。


   


さて、先日先生から「ウルフトーン」という耳慣れない言葉を聞いて以来、ウルフトーンが気になってネットを色々調べまわっていた。

どうやら、ウルフトーンとやらは、鳴らしている音が楽器の持つ固有振動周期とピッタリ合ってしまった場合に、反響音との打ち消しで残念な音になる現象を言うらしい。


そして、とあるバイオリンの先生が運営しておられるサイトでウルフトーンに関する記事で次のようなものを見つけた。


鳴りの良い楽器で、きちんと鳴るように弾くとほぼ100%特定の音で出ると言っても過言ではない。


さらにこう記述されていた


ウルフが出たら少し駒から弓を離してやれば、ウルフ音は出なくなる事が多い。その対処で良いかと思うし、わたし自身もそのように先生からご指導を頂いた。



弦やポジションに関係なく、特定の音"ド"で発生するおかしな音響特性。
発生率は駒の近くであればほぼ100%。
そして駒から離れると軽減されるという事。


もしや、これはウルフトーンとういやつなのだろうか。


さらにこちらの楽器店のウルフトーンキラーの紹介での記述。


― ウルフトーンとは?
表板と、裏板が共振する事によって音の打消しが起こってしまい、一時的に音が出ない状態です。一般的にチェロでは3番弦6ポジションのF#、バイオリンはC、バスではランダムに発生します。ウルフトーンが発生する楽器は一般的に音量が大きい、優れた楽器であることが多いですが、あまりにウルフトーンが強い場合は、軽減しないと演奏が難しい場合があります。そのための”ウルフキラー”です。


注目すべきは『バイオリンはC』である。


― おいおい・・・完全にCで起こってるよ・・・



状況証拠で言うと完全に『クロ』。


Mogaよ・・・お前もしかしてウルフ持ちなのかね?



気休めにというわけではないが、先のバイオリンの先生によるサイトではこうある。


ウルフが出るという事は、きちんと楽器を鳴らせていることと言えるので、むしろ喜ぶべき事と言っても良いのではないかと思う。



― まぁ・・・そういう事にしておこうか



と言いたいところなのだが、私は前のレンタルの楽器でもそれが起こっていた。
だから、やはり自分の腕の問題という気もする。


しかし、CampArirumaで人のバイオリンを弾かせてもらったときにはならなかった。今でもrauloopさんのバイオリン等、人のバイオリンだとあまりそうならない。
何故か自分の楽器だと起こりやすいのである。

楽器を購入するときにちゃんとド付近の響きを確認したのかどうか、今となっては覚えていないが、少なくとも購入直後から起こっていた気がする。


レンタルの楽器とMogaがたまたま同じ音付近でウルフになるということも考えにくいが、レンタルの楽器よりもMogaの方が「なったとき」の程度がひどい。


もしウルフトーンだったとして、「鳴らせられている証拠」とか「楽器が鳴る証拠」と言われていたり、逆に「ひどすぎると演奏できない」とか書いてあったりする。

はたして、喜んだらいいのか悲しんだらいいのか・・・

スポンサーサイト

comment

Secret

A-2

どうなのかねぇ・・・あたしもなるよA-2
でもそれはずっと指の置き方が悪いのだと思っていた
でも先生が弾いたってそうはならない
自分だけA-2で起こるの
だから自分の腕、ってことで^^;
でもさ、2年も弾いてるのにヒドイと思わない?
普段できるだけ駒よりに弾くようにしているけど・・・でないとPのとき指板よりに弾いてもハッキリ違い出ないからw
でも最近駒よりすぎてアヤシイ全般に音を出しています
何事もほどほど、ってことよね(爆)

ところで、さっき弦を交換していてショックなことが起きました
そろそろ在庫のガット弦(ピラストロ・ゴールド)を使おうと、A線から始めたところ・・・
G線とD線がループだった\(◎o◎)/!
ボール注文したのに(号泣)
もう1年以上前に購入したのでいまさら返品きかず、苦情も言えず・・・
高級弦だけにショックです
A線はすごくよい音です
ボリュームもあって、オブリガートはガット弦そっくりの音だと思いました
明日、発表会用のエヴァに張り替えます
また呼びのエヴァ注文(--;)散財しました・・・

ウルフトーンなんてものがあるのですねぇ…

腕はさておき…、私も調べてみようて思います…

でも、ナカナカバイオリン触る気持ちが起きないです…(いつもかも!?)

Re: A-2

チワワさん

こんにちわ~
A-2、チワワさんもなるんですか・・・。

私の場合、チューニングが狂っていると、わりと起きにくいんですよね。つまりピアノとのセッションの為に440Hzとかで合わせると起こりにくかったりします。また、日によっても起こる程度が異なります。

先日のレッスンで先生に、「指板よりで弾いて改善するならその音だけ逃げて良いよ」と言っていただきました。ただ、本当にウルフかどうかは様子見な感じのようです。

最終的には駒と指板の間のどこを弾くか・・・というのは自由に制御できないといけないんですよねー。今のところ強弱の為に弾く場所を変えるというのはやっていないので、もっぱら駒から1cm前後のあたりで弾いています。


弦・・・ショックですね^^;しかもガット弦・・・。
どこで購入されたのか分かりませんが、返品はきかなくても苦情は言って良いような気はします。安い買い物ではないので。

私もそろそろ予備の弦買うとかな・・・・。

Re: タイトルなし

anisさん

こんにちわ~
私も、レッスンで聞いて初めて知りました。

バイオリン・・・毎日触っている間はずっと触るのですが、一日あいただけでさぼり癖というか・・・なんか触るのが億劫になりますよね。。。私も2~3日練習していないことがザラにあります。

それでも、「えいや!」・・・と練習を始めると今度はやめない・・・と。
なかなか融通が利かないもんです(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ぷぃぷぃ虫さま

はじめまして。ST Rockerと申します。
興味深い記事拝見しました。

私はロック系でして、ギターやピアノをやり、バイオリンはできませんので、バイオリンにおけるドの特異性についてはよくわかりません。

ご参考になるかどうかわかりませんが、ギターやピアノの曲でハ長調(”ド”ベース)の曲が何故少ないのか、考えた記事がありますので、よろしかったら一度見にいらしてください。

ST Rocker

Re: No title

ST Rocker様

こんにちわ。
コメントありがとうございます。

諸事情あって、返信が遅くなりましてすみません。

Coffee Break Beatles No.64 「ハ長調はなぜ少ない?」
 http://strocker.blog62.fc2.com/blog-entry-92.html


こちらの記事、じっくり読ませていただきました。
大変興味深い話題ですね。

この話題だけでST Rockerさんと朝までお酒が飲めそうです(笑)


ハ長調はピアノで言うところの「白鍵」しか使わないために、日本人の音楽教育課程的に「ハ長調が基本」という考え方が私のような素人には染み付いているというのは非常に共感しました。また、「白鍵」しか使わないから「初心者が分かりやすい」というだけで、実際には黒鍵が混ざってるほうが弾きやすいというのは確かであるようです。ピアノ曲ではショパンの作品中にはハ長調が少ないらしいです。


ですが、ハ長調の曲が無いかというと、ギターについてはよくわかりませんが、クラシックの世界全体ではそんなことも無いような気はします。
ベートベンの交響曲1番はハ長調ですし、モーツァルトのきらきら星変奏曲もハ長調です。ハ長調の有名な曲はたくさんあります。


そもそも現代の西洋音楽的旋法は教会旋法つまり聖歌を基本としております。人間が歌いますので、臨時記号が多かろうが少なかろうがあまり関係有りません。(これは私の合唱経験からも言えます。)「楽器」や「奏法」の違いによる音律の優位性は、調性がもつ性質そのものとは無関係である気がします。

もっとも、ハ長調を初め現代の「長調」に相当するイオニア旋法は、教会旋法の中では「新しい方」で倍音の発見などを経て作られた人工的な調性だと言えます。自然発生した旋法とは異なりますので、「長調」という概念そのものが教育によって体に教え込まれたものである可能性は否めません。



・・・っと、このまま行くといつまでも書いてしまいそうなので、このへんで(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。