スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000時間の壁

今日は、練習目標について。
たぶんちょっと長いです。


ぇ? いつも文章長いって?


・・・はい。すいません。駄文で・・・。
読んでくれている方、本当にありがとうございます。

   

私は芸事でも仕事でも、物事を人様に披露できるレベルになるのに大体1000時間かかると思っている。1000時間でマスターできるという意味ではなく、その世界の『入り口』に立てるのに1000時間。「そこそこ」できて、恥ずかしくないレベルになるまでが1000時間。
個人的な経験による勝手な持論であるが、私以外でも同じことを言う人は結構いる。


私は大学生で合唱をはじめた。
自分で言うのもなんだが、近所では小さい時から『歌が上手い子』で通っていて、もともと歌には自信があった。それでも、「合唱の歌い方」が出来るようになったのは2年生の終わりくらいだった。
逆に大学に入るまで合唱をやった事が無いし、歌も全然ダメ、鍵盤を弾かれても同じ音が出せない・・・という人でも、3年生の終わり位にはサマになってきて、即興でハモったり出来るようになったりもする。

所属していた合唱団は、平常時で週6時間。演奏会前で週11時間。
オフシーズンとかもあったのできっちり計算できていないのだが、合宿や特別練習を合わせると、年間で大体300時間位の公式練習が行われていた。3年間で大体1000時間。

合唱に全く熱心ではない自主練習がゼロ(と思われる)の人でも3年くらいでなんとなくサマになっていた。私は週に最低でも3時間程度は自主的に練習していた。その時間を上乗せすると年500時間弱。2年でだいたい1000時間になる。

   

所属していた合唱団では何故かギター伴奏でフォークソングを皆で輪になって歌うという習慣があった。そして、妙にそのギター伴奏に惹かれた私は、勉強と合唱の練習そっちのけで一日5時間くらいギターを練習していた。
ギタ伴デビューは9月中頃の合宿だった。3月から初めて7ヶ月弱。ちょうど1000時間に到達するあたりとなる。このころには3フィンガーの速弾きを普通に出来るようになっていた。
しかし、その後急速にギターへの興味を失って練習しなくなったため、そこからレベルが上がることはなかった。

ちなみにギターは初めて触ってから3時間くらいで「でんでん虫」とか「メリーさんの羊」くらい弾けるようになったという輝かしい「出来るビギナー」経験があったため、今回、バイオリンも同じくらいで行けるだろうとタカをくくっていた。しかし、これまで書いたとおり、見事にその期待は裏切られ打ちひしがれているわけなのである。

18歳と同じようには行かないのだと実感した31歳の夏

   

大学の合唱団では2年生から指揮者になった。指揮者は各学年に一人の一子相伝システム。もちろん指揮の経験など無かったが、春に指揮者に任命されて秋には練習を率いる側として受け持つことになっている。その間わずか半年、一日何時間指揮の練習をしていたが覚えていないが平均で5時間は下らなかったと思う。歩きながらも指揮を振ったりして常に指揮のことを考えていた。自転車に乗りながら両手を離して指揮を振っていたときはさすがに後輩にツっこまれたのを覚えている。
そして基本的なバトンテクニックは一通り出来るようになった上で秋を迎える・・・というか、タクトが振れるだけでは指揮者として成り立たないため、そこは「最低ライン」として求められた。

ちなみに、初めて練習を受け持ったときはやはり右手ぷるぷる病が発症したのは言うまでもない。
この時も平均5時間を7ヶ月くらい。1000時間の壁を超えている。

   

こうして見ると、いかに学生時代勉強していなかったかがわかる

・・・ではなくて

「ちょっとイケてきたと思う」レベルまで行くのに
どれもこれも1000時間くらいかかっている。



そんなわけで、バイオリンもある程度サマになるまで1000時間くらい必要だと思っている。
あとはどれくらいでサマになりたいか・・・である。


今、確保出来ている練習時間は平日で平均30分。休日で平均2時間。
一週間あたり、6.5時間。
これでも結構、がんばって時間を確保している状態。

このペースで行けばサマになるのに約3年。
大人の趣味としてはちょうどいいペースなのかもしれない。
でも、早く弾けるようになりたい・・・・。

週10時間に引き上げれば2年計算になる。
平日の練習時間を平均1時間。土日に2.5時間。
ちょっとキツイけどがんばって時間確保してみようか。


というわけで、これから週単位(月~日)で練習時間を晒すことに決定。

   

先々週の練習時間:11.2時間
先週の練習時間:5.2時間

先週までの総練習時間:16.4時間

総レッスン回数:2回
※練習時間にレッスンは含まない


先々週=バイオリンを始めた次の週。
最初頑張ってすぐに失速するというお決まりのパターンに早速はまっている自分に反省。

でも、昨日はちゃんと1時間確保したのでよしとしよう。
スポンサーサイト

comment

Secret

ギター

こんにちは!
ぷぃぷぃ虫さんの記事、面白くていつも笑いながら読ませていただいてます(*´`*)

ギター、私も高校時代に弾いてました^^
クラシックギターをぽろぽろと♪
フレットがあるので音程がとりやすく、
ヴァイオリンよりは最初から曲を弾きやすいですよね。
でも私も2年の終わりころには飽きてしまい、ヤマハのギターが実家で眠っています笑

合計時間から逆算するって、凄い発想ですね!!
毎日ブログで練習時間メモったら練習が楽しくなりそうですね。頑張ってください!!ヾ(*≧∇≦)〃

ぁ、あと、ブログにリンク追加させていただきました☆
私もちょくちょく遊びにきますー!

バイオリンは・・・

こんばんは(´▽`)

これは私が、他のどこかで読んだ話ですが、
バイオリンは世界で一番難しい楽器。
最低限のレベルまで達するのに、「10,000時間」かかる。
と聞きました。

バイオリンは、1,000時間ではなく、
10,000時間必要なはずです。

なので、私は20年計画でやっています。

Re: ギター

ほっとけーき☆★ さん

こんにちわー
楽しんでいただけて何よりです (*´∀`*)

私は5年ほど前にギターを"借りパク"されてから全く触らなくなりました(笑)
ギターとバイオリンでは最初の難しさが段違いですね><
正直ここまで難しいと思ってませんでした。バイオリン様すみませんって感じです。

あまりにも成長している気がしないので、せめて「○時間やった」っていう達成感がないとオジサン心が折れちゃいそうなもので(;´∀`)

リンクありがとうございます!
こちらからもリンクさせて頂きました。

Re: バイオリンは・・・

ありるまさん
こんばんわ!

なんと・・・10,000時間ですか・・・orz
まさかの10倍。恐るべしバイオリン。

でも、そうすると、逆転の発想をすれば、
今、出だしの成長が普通より遅かったとしても一万時間の前では「誤差」。
なんだか、ちょっと気が楽になりました(´∀`)

1,000時間×10セットの長期戦。
まずはファーストセット達成目指して頑張ります~
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。