スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson44(本編)-卒業?-

続くと言いながら、続きはいつ書かれるのか。


嫁にも「ひどい引き」と言われたが、我ながらひどい引きをしたものだと思う。
随分とたくさんの方から「バイオリンを続けているのか?」と心配をいただいている。

いい加減、書かねばなるまい。

それでは、最終レッスンの模様をお届けしたいと思う。


   


最終レッスンだから華を持たせてくれて、


先生 「一年ちょっとで随分弾けるようになりましたね~」


・・・なんてことが無いのが我らがスーパードSティーチャー坂本である。
レッスンは全く普段通りであった。


HRIMALY_111005-1s_E-dur.jpg


フリマリー『ホ長調 スケール&アルペジオ』でファーストポジションとハーフの両方で順番に弾かされるという拷問の後、フラットの嵐『変ニ長調 スケール&アルペジオ』。

同じ音階を、ファーストとハーフで連続して弾くと、こんがらがってぐちゃぐちゃになる。
その後で変ニ長調というこれまた音程が取りづらい音階。


HRIMALY_111005-2s_Des-dur.jpg


最近では♭や#がいっぱい付いている音階をチェックされることが増えてきた。


実は、レッスン記を書いていない間にフリマリーの『スケール&アルペジオ』は増えに増えて20パターン近くになっている。その中から毎回ランダムに2つか3つをチェックされるという相変わらずのスパルタ仕様である。
どれがチェックされるのか判らないので、全体を満遍なくやっておく必要があるのだが、なかなか脳内でパターンの切替が素早く出来ず「ホ短調!」とかいきなり言われてもサッと対応できない。


ちなみに、今のパターン数は先生のカリキュラム的には「1ポジ全部揃っている状態」らしい。本当は私が抱えているパターンよりも1つ少なくて良いそうなのだが、私の口が災いして「全部揃い+1」になっているのだが、その件についてはいずれ書くことにしよう。



この日はかなりフリマリーの1ポジスケールで絞られて、レッスン時間のほとんどを音階練習に費やした。
3の指の音程が安定せず、すこし高めに取ってしまうのを延々と矯正されていたのである。



その後は軽く、フリマリー『イ長調 1-3-5ポジスケール』。


HRIMALY_111005-3s_A-dur.jpg


信じられるだろうか。
バイオリンを初めて1年と3ヶ月。
まだ、サードポジションすら安定していないのに、何故か5ポジ。
しかも、1-3-5のポジション移動の練習がカリキュラムに入っているのである。


これが、面白いくらい全くできない。
どうも私は左手が強くネックを握りすぎているらしく、ポジションシフトがスムーズに行かない。


   


最後は、スピッカートの練習パッセージ。


HOHMANN_200.jpg


元の楽譜にはスピッカートは書いていないが、これをスピッカートで弾けと指定されている。
そして、これも面白いくらいにスピッカートができないのだが、それ以前の問題が発覚した。


一回弾き終えた私を前に、無言で楽譜の調号付近を指さす先生。


私 「ん?何か?」


先生 「・・・・」


更に強く調号を指さす先生。


私 「ぇ? ぇ? 何か間違ってました?」


先生 「ソのシャープはどこ行ったんですか?」



なんと楽譜を全く読み間違えていた事が判明。
イ長調なのに何故かソに付いているシャープを全て無視。


実は私が楽譜を適当に読んでいる事がバレてしまった。


   


こんな風に、全くいつもどおりにレッスンは行われた。
そして、レッスンの後、たまたま次の生徒さんがお休みだったので、1時間ほど先生と談笑した。


先生が買った新しい"つるつる板"(先生はiPhoneやiPad等のタッチパネル系端末をそう呼ぶ)で盛り上がってみたかと思えば、無料のチューナーアプリの性能を競い合ったり、いずれ弾きたい曲を先生に弾いてもらったり・・・とりとめのない時間を過ごす。



そして別れ際。



先生 「では、10月からよろしくお願いします。」


私 「ぁ、そうですね。よろしくお願いします。」



そう、バイオリン教室からは卒業するが、坂本先生から離れるわけではない。
先生が独立して教室を立ち上げる事になったので、教室を離れてついていく・・・というわけなのである。


驚かせてしまっただろうか。
いや・・・バレバレだったか・・・。


そんな訳でバイオリンはまだ続いている。
スポンサーサイト

comment

Secret

ふふふふ

ですよね、ですよね~。やめるわけ、ないですよね~。私も教室の先生が自宅でレッスンをやることになった時、くっついて行きました。その先生の生徒はほとんどそうでしたよ。あれですね。会社勤めをやめて独立する時、自分の担当してたお客を持ってくってのと同じですかね。。。。音楽教室より先生の自宅レッスンの方が先生も生徒もなにかと融通が利くので便利かと思います。

あっ、よかった

もぅ~
へんな引き方しないでくださいよ~

独立する先生についていくってのはいいですね。私が習ってるヤマハなんて中間搾取が大きそうですから直接のほうが金銭的にはお互いお得ですけど。

いつも思うんですけど、レッスンすごくハードな内容やってますよね…私のほうが(ちょびっと)キャリア長いですけど断然ぬるいレッスンしてます。

始めのころに比べると進歩がわかりにくくなったってのはありますね~そこでモチベが保たれるかどうかが問題ですね。

あらためまして

はじめまして。
雨の姉のsakur@といいます。
ご挨拶が後になり大変失礼いたしました。

チェロ仲間はひとりもおらず、
引き込むチャンスかと思ったのですが・・・残念です。
今後とも雨ともどもよろしくです~。

Re: ふふふふ

エメラルドさん

こんにちわ~
ですよ~。やめるわけないです(*´∀`)

ウチの場合も多くの生徒さんが坂本先生について来ているみたいです。

会社勤めの場合はお客ごとっていうのは割と普通の話ですが、レッスン業界では一応はご法度というか、契約で「教室でGETした生徒を個別指導しちゃだめよ」みたいなので縛っているところが多いみたいです。
家庭教師業界なんかはもっと厳しいらしく、罰金払わされたり訴えられたりするという話を聞いたことがあります。(というか学生時代の家庭教師バイトのときに派遣元の某有名家庭教師会社にそう脅されました)

今回は教室の側もかなり寛大に動いてくれたみたいで、「これからもバイオリンがんばってね」という雰囲気で贈りだしてくれました。何人かは掛け持ちの形で両方に通う方もおられるみたいで、教室も先生もどっちも捨てがたい・・・って言う生徒さんは結構います。

Re: あっ、よかった

アンダンテさん

こんにちわ~
いやぁ・・・ついつい・・・ (;・∀・)


大手さんは中間マージンが大きそうですね。
ウチの場合、元の教室との兼ね合い(先生と教室間の大人の話し合い)により生徒側からすると、先生に付いて行く場合、結構な値上げになります。教室側からしてもさすがに全部持っていかれるのは・・・っていうところがあるのかも知れません。坂本先生Loveな濃いキャラな生徒が見事に付いて出てきた感じですかね(笑)


ウチは結構ハードかも知れないですね。
これでも最近は忙しいので先生が優しくしてくれている感じなのですが、「イケル時期」は厳しいです。泣かされる子とかいるので(笑)われわれが、仕事を持つ社会人だって事を忘れてるんじゃないかと思う時が前はありました。私より半年くらい暦が長い人は、通行人から丸見えのBarで演奏させられたりとかしてますし、スパルタですね。


完全に停滞期に入っちゃったなぁ・・・と思って打開策を模索しています。
こういうのってこじらせちゃうと何年も延びない暗黒期間に入ってしまいますからねぇ・・・。
まぁ・・・練習する以外にないのですが。。。

去年の今頃に比べると、練習量が激減しているので、伸びてるのか落ちてるのか横ばいなのか・・・それすらわからなくなってきました。

Re: あらためまして

sakur@さん

はじめまして。
いつも遊びに来ていただいてありがとうございます。

実はアクセス履歴からさかのぼってsakur@さんのブログも覗かせていただいておりました。
こちらこそ挨拶もなく読み逃げばかりですみません。
どうぞ、よろしくお願いします。


私の楽器仲間はすべからくバイオリンばかりで低音がいないので、低音楽器はちょっとした憧れの存在です。
今すぐやるには時間とかお金とか色々足りないのでアレですが(笑)

いつか演奏の場でご一緒できる機会があれば良いですね~(*´∀`)

先日は

レッスンを見学させていただいた者です(o^^o)
いきなりでびっくりされたかもですが。。ありがとございました!
電車、同じ報告だと思い込んでしまって
無駄に1本見送らせてしまってすみませんでしたv-81

まだ全部の記事は読めていないのですが
いくつか読んだだけでも、充実ぶりが窺えますね(゚o゚;;
ほぼ同じくらいの歴なのにお上手なわけだ。。

またちょこちょこ、読みにきますね♪( ´▽`)

Re: 先日は

みゃくこさん


こんにちわ。
いえいえ、同門になれて嬉しいですよ~。
レッスンはいつもどおりですけど、ちょっとした緊張感が私にも先生にも生まれるのでこちらとしても凄く良かったりします。

ちなみにあの一本見送ったのは実は間違いで、なぜか合ってたのに乗る瞬間に逆だと思った・・・ん?何言ってるんだ・・・。ま、いいや。


発表会で演奏聞かせてもらいましたが、普通に上手いと思いました。


もし良ければ、このブログからリンクさせていただいてよろしいでしょうか?
確実に同門の生徒さんがワラワラ流れていくと思います(笑)


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。