スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ループ

モガに消音器を付けて練習すべきか否か


最近、再びそれで悩んでいる。
もう何回目なんだよ、と自分に言いたい。

練習時間が取れなくなって来たら毎回必ずこれを言い出している気がする。


楽器購入から1年余り、未だモガに消音器を付けて鳴らしたことが一度もない。
迷信かもしれないが、何となく成長中の楽器に消音器をつけるのが嫌だ。なんか悪い気がする。
でも、弾かないのがもっと駄目だよと言われれば、それはそれでもっともなのだが・・・。


> 私はバイオリンは非常に科学的な楽器だと思っている。


どの口がそれを言うのだか・・・。



夜練習したいが、消音器をつけるのは嫌


どうしろと言うのか。


   


そもそもこういう状況のためにサイレントバイオリンを購入してあるのだが、サイレントバイオリンとモガでは右手のタッチが微妙に違う。そのため、サイレントバイオリンの練習がモガの練習時間を上回ると、モガで弾いた場合に右手が下手になる。

いい機会なので、もう少し、正確にサイレントバイオリンの所感を示しておこう。


ヤマハのサイレントバイオリン最上位モデルは、非常に優秀にバイオリンの「演奏感」を再現していると思う。初心者だからこそ楽器の「小さな差」に影響されるし、そのダメージは大きいものだが、生バイオリンを弾いた直後にサイレントを弾いても全く違和感がない。

ネックは木製、胴体は共鳴のために空洞になっており、ピックアップは弦の振動だけでなく本体の共鳴振動を検出できるようになっている。生バイオリンと同じように、演奏中に肩や顎に振動が伝わってくる。
弦も弓も肩当もすべて生バイオリンと同じ物を使えるため、かなり違和感がない。少なくとも体に触れている部分についてはいつものバイオリンとほとんど違いがない。

生バイオリンですら一つ一つのバイオリンに微妙な「フィット感」の違いがあるのに、サイレントとの間で違和感を余り感じないのは、胴体の代わりとなっている大きなフレームの柔軟性にあると思っている。このフレームは全体が適度に柔らかいバネのような構造になっており、生バイオリンをいつも通り(つまり生バイオリンと同じ様にサイレンを)構えた時にうまい具合に「いつもどおりの位置」にバイオリンが収まるように製品としての個体差吸収してくれる。

よって、一時的にサイレントバイオリンに持ち替えて弾いても、生バイオリンの演奏に影響がない。
いつもどおりの構えの中にサイレントバイオリンが収まってくるのだ。


これは一見サイレントバイオリンの大きな長所のように思えるが、実は落としな穴がある。


問題は時間である。


サイレントバイオリンは体へのフィット感が素晴らしく「出来過ぎている」ため、長時間弾いていると「いつもどおり構えている位置」ではなく、今度は「人間が最も快適になる位置」にフィットしてくる。

生バイオリンは形が変わらない。肩当や顎あてで調整はするものの、いずれも「動的に」形が変わるものではない。そのため、最後の最後の部分で人間がバイオリンに合わせている。ところが、サイレントは新素材を使っているのか判らないが何らかの現代的な技術により絶妙な柔軟性を持ってそれが「動的に」提供されているため、楽器のほうが人間の方にフィットしてくる感覚があるのだ。つまり、サイレントバイオリンは「フィット性能」においては生バイオリンを凌駕している。

人間は楽な方には一瞬で流れてしまう生き物だ。よってサイレントを長時間弾いていると、最終的にはサイレントバイオリンに最適化された構えに落ち着いていってしまうのである。


だから、「モガでの練習時間」よりも「サイレントでの練習時間」を多く取ってしまうわけには行かない。
一時期そうした時期があったのだが、明らかにモガを弾いた時の右手の性能が落ちた。

よって、サイレントの最適な使い方とは、『毎日数時間練習している人がどうしても一日だけ遅くなって弾けない日に、感覚を手放さないために15分程度慣らす為に弾く』だと考えられる。私のように、平日に4日連続で弾けない時がある場合にサイレントでそれを補填すると、サイレント特化されたテクニックが身についてしまう。


まさによく出来た楽器だと思う。
バイオリンを「すでに弾ける人」が、演奏シーンに応じて持ち替えたい場合に違和感なく弾ける様に出来ている。


よって、初心者が深夜練習の代替用として購入するのは目的が違っている。


   

とりうる行動は4つ


1. サイレントで割りきって練習する

2. 断腸の思いでモガに消音器をつける

3. お金をためて防音室

4. あきらめて呑んで寝る


さて、どうしたものか。
ちなみに、いまのところ 『4. あきらめて呑んで寝る』である。


防音室を作るお金でものすごい高いバイオリンが買えるよね?その場合確実にモガがサブ機になるからそのときはモガに消音器つけちゃうよね?そう考えたら最初から今でも付けてもいいんじゃない?いやでもそれは2号機の場合であってメイン機の場合はちょっと違うっていうかなんていうか。でもサブに陥落したから消音器付けていいとかそもそも相対論であるのがおかしい。でもサイレントを購入したのはその相対論であってモガと比較して適当に扱って良い練習機が欲しかったわけで・・・・


とにかく、あらゆる勉強と技能習得を主に深夜帯に人知れず行うことを常として来た私にとって、バイオリンが其の性質上深夜帯に練習できないというのは辛い。


さあ、今回はどうしようかな。
スポンサーサイト

comment

Secret

辛いですね・・・。。

私の家は立地上、真夜中でも多少は大丈夫なんですが、住宅街だと生バイオリンはきついですよね。
消音器、つける気になれないのはものすごくわかります!!
響きを無理やり止めるのがかわいそうで;;

変な方法ですが、部屋に絨毯を3枚位重ね敷きして、まわりに服とか山積みに散らかしておくと随分吸音されます^^;
ただ、相当にばらまかないと効果がないので、普段から散らかし放題の私の家でしか無理だと思います;;

あと、別にどちらでも良いんですが、私がやっているのは大学オケという立派なものではなくて、単なる中学の部活です^^;
子供相手ですみません。。
大学生になって、自分で稼げるようになったら、良い楽器と弓を買って、坂本先生の所にも伺ってみたいと思ってます!
このブログを拝見してますと、一度は受けたくなるご指導です^^

Re: 辛いですね・・・。。

ぴぃさん

こんにちわ。
いつもコメントありがとうございます。

なるほど、自作の防音室というわけですね。
その発想は有りませんでした。確かに半分にでも出来ればかなり違うはずですもんね。
試してみたいけど、嫁に怒られるかもしれませんね(笑)


そして、なんと!
ぴぃさんは中学生だったのですか?!


いやはや、勘違いすみません。
悪い意味ではなく、いつも文章が普通に大人と比べても遜色の無いものでしたので。
最近の若い方はすごくしっかりされていて驚かされるばかりです。
私が中学生のころなんて・・・・いや、思い出さないでおこう。

こんなに若い方に読んでいただいているなんて、嬉しい限り。
これはますます頑張って更新せねばなりませんね(笑)

合唱でもそうですが、音楽は中学生、高校生位が一番練習していると言われます。やはり部活動という形で半ば強制的にほぼ毎日練習が巡ってくるという環境は貴重です。坂本先生自身が中学生からバイオリンを始められたレイトスターターですし、ぴぃさんはこれからいくらでも上手になれると思いますよ。

No title

つ5.ピアニッシシモの練習。

常に出力100%が全てでは無い。1%出力も使いこなしてこそ真のプレイヤーである、とみんなのゴルフをやってて思ったのだった。

ちなみにレッスン以外常時消音器つけっぱなし派から言わせてもらうと、消音器が振動を減衰してしまうもんだから自己練習時には滑らかにボウイングが決まっていると思ってても、
いざレッスンで消音機を外すと本来の振動っぷりに対応できず弓が暴れまくるよ。


No title

オフの日以外は夜にちょこっと練習なので
マンション住まいのわたしはほとんどミュートつけて練習してます。
鋼さんが言うとおり
ミュートつけると 弓が暴れないし
雑音も減って聞こえるから
右手の練習にはなんない気がする。。

ぷぃさん~ 駅の近くに防音室つくったら
貸してください~~~

悩ましいですね~(-_-;)

ウチは住宅密集地のマンションなので、休日でも気を使います。二重窓にするだけでも随分違うと聞いたので、ちょっと検討中。結露もしなくなるって言うし・・・。一部屋だけならなんとかなるか!?

No title

3では防音室を借りるという選択肢もあるのかな。
あと、中古防音室とか。
この前、ヤマハのそんなチラシがありました。

No title

3の防音室に1票(-o-)ノ
24時間出入り自由、持ち込み自由、
ボトルキープおっけ~(>▽<)bうふふ☆な感じでお願いします。
「室」でなくて、「家」でもおっけ~(>▽<)bうふふ☆です。

私も、お隣に注意されて以来、夜は10時までと自分でリミッターをつけてます。
新しい楽器に消音機をつけると鳴らない子になる・・・と聞いてからつけないようにしてます。

No title

坂本先生も中学生から!!!
物凄く驚きです・・・!!
余計坂本先生の所へ行ってみたくなりました^^

はじめまして

こんばんは!

はじめまして。

ヴァイオリンの超初心者です。
いつもたびたびブログを参考にさせて頂いております。
実は私もまったく同じ事で悩んでいる最中でして。
今までアパートの上の階がずっと空き物件で、遠慮なく練習していました。(構造上隣の部屋は壁が厚いため、気にせず)

ところが、この春に引っ越して来られてからは、やっぱり大人の配慮が必要になり…。

スーパーミュートという消音機をつけると、劇的に音が小さくなったのですが、やっぱり音質も響きも全然違うし、自分がそういう状態に慣れた弾き方になってしまいそうで怖くて。
あと駒にも良くなさそうですよね。。。

私も個人的には防音室がベストかなという気がします。

友人の子が、ウォークインクロゼットを素人改造して防音室にしてました。洋服は掛けたまま、壁にダンボールとアクリル板、あとお風呂のタイルに敷くクッションボード?を貼り付けて、扉もダンボールと隙間シールで目張り。
1万以内でかなり性能のいいのが出来上がったようです。

あとは、アイディアなのですが、サイレントで練習中は肩当をしない、というのはいかがでしょうか?
実は私、ヴァイオリンを始めた当初は、肩当をせずに練習してました。結構辛いというおっしゃる方も多いようですが、始めから「そういうもん」だと思ってると、人間てそれに適応するみたいで。
先生の方針でつけて弾いてみると、まー楽なこと楽なこと!
体が居心地の良いスタイルを求めてしまうのであれば、あえてサイレントで不自由に…というのはいかがでしょうか。
素人アイディアなので、なにかおかしな事を言ってましたらすみません。
ぷいぷい虫さんの納得のいく良い方法が見つかりますように!

Re: No title

鋼のかっぱえびせんさん


まいどです。

Pianissimoとか音量は「相対」のものなので、小さい音量だけでやってるとその内大きい音量が出なくなる・・・とマジレスしてみる。というより、以前に一回そうなったので、下手に遠慮して練習するくらいならやらないほうがマシだということを痛感したので。。。


消音器の問題はそれなんですよね。
レンタル楽器の時は自分の楽器じゃないから積極的に消音器つけてやってたんですが、弓を置く練習とかには全然ならず、外した時に弓が暴れまくるのも経験済みです。
そんなわけで、消音器はイマイチつける気になれないんですよねぇ・・・贅沢だと言われればそれまでですが。

Re: No title

雨さん

こんにちわ。
マンションだとかなり早い時間から気を使いますよね。
そういう意味では、12時くらいまで弾けるウチはまだ恵まれているんですよね・・・
嫁が元団地住まいなので、私が音を出していることについては結構神経質に思っているようです。

駅前、つまり実家の防音室はかなり真剣に検討しているんですけどね。
親父がウンと言わないと実現しませんが。。。

Re: 悩ましいですね~(-_-;)

ぴっぴさん

こんにちわ。
どうもお久しぶりです。

やっぱりマンションだと日中でも気を使うのですね。
なんだか自分が贅沢な悩みをブログで吐露してしまっている気がしてきました。
皆さんやはりここは悩みどころなのですね。

二重窓は防音以外にも断熱的な意味でも良いですよね。
光熱費とか結構変わるかもしれませんね。差額分でペイできるかどうかはわかりませんが(笑)

Re: No title

rauloopさん


ヤマハのレンタル防音室は以前に検討したことがあるのですが、
我が家には置き場所がないってことに気づきまして・・・。

Re: No title

sakur@さん

こんにちわ。

防音室大人気(笑)
作ったはいいけど、みんなに使われちゃって自分が使えないとかいうオチが待ってそう。
これだけ需要があるなら、誰か商売でやってくれへんかなぁ・・・・。

ウチも12時まで弾けると言いつつ、いつ周辺から注意されるかビクビクしてます。
まぁ、お向いが11時までピアノを弾いてるから大丈夫かなぁ・・・なんて勝手に思っているわけですが。。。

Re: No title

ぴぃさん

こんにちわ。
前にちょろっと聞いただけなので、正確な情報かはわかりませんが
少なくとも小さい頃からやっていた方で無いことは確かです。

そして、自分の先生にこんなことを言うのもなんですが、素人目にみても
いまだに先生自身のバイオリンの腕が明らかに上がり続けていると感じています。
だから、レイトスターターに勇気を与えてくれるのです。

大人になってもまだまだ行けるんだよ・・・って。


トライアルレッスンだけならそんなに高価でないはずなので、
一度、扉を叩いてみるといいかもしれませんよ。

グループなら人数割りになるので、お仲間を集めれば、
一回くらいならお小遣いの範囲でなんとかなるかも??


・・・と背中を押してみる。

Re: はじめまして

メメモリさん

こんにちわ。
コメントありがとうございます。
親身になって考えてくださって嬉しいです。

やっぱり、お金の問題がないのなら防音室がベストなんですよねー
まぁ、その問題がものすごくビッグな問題なのですが(笑)

肩当なしは、すぐには辛いかもしれませんね。
1ポジの間は問題にならないかと思いますが、ポジシフトの時に肩当の有無でテクニックが多少変わってくるみたいなので。私がその行き来に耐えられるかどうかってところがキモになりそうです(笑)

うちの先生は本当はバロックが専門なので、先生自身はコンサートとかでは肩当は無しで演奏されています。(・・・というかバイオリンも弓も何から何まで現代のものとは違うのですが)
私もそれに感化されてか、バロック方面に目が向いているのですが、そういう意味では、肩当のある無しを問題なく行き来できるのがベストなんですけどねー。

自作防音室は実は検討したことがありまして、減衰の計算までして結構本格的に考えたりしました。
・・・が、結論から言うと、安くはできない・・・でした。
ウチはウォークインクローゼットのような適度に狭い部屋がなく、6畳とかの普通の部屋で出窓もあったりして、機密性を高めるのがかなり難しく「プロに頼んだほうが安い」という話になりまして。。。

今日もMOGAを試奏してきました(笑)、新作なのに枯れた音がしていました、すごいです。家での練習困りますよね、私はミュートを付けています。楽器のためにミュートを付けたくないのですが、やはりそうもいきませんので。℃田舎なので近くにカラオケボックスもないのがきついです。カラオケボックスがあればそこで思い切り弾けるのですが。防音室は手間もお金も大がかりになっちゃいますよね、私はとても無理です。サイレントをお持ちとのことでうらやましいですが、サイレントはかなり懐の広い楽器なんですね、楽な方に矯正されちゃうと困りますよね。私もミュート付けるのがやはり本意ではないですから、ミュートを付けられるサブ楽器が欲しいと思いつつ、いま色々と物色してますが、サブにミュートを付けてメインを弾かなくなると、これまた余計にもったいないのかなとも(笑)。弾かないよりはミュート付けて弾いた方がまだ楽器の為にはなりそうに思えて。しかし、メインより安いサブがあると、持ち出す先にリスクが伴う場合、思い切って持って出られるメリットもあるのかな、と思っていますので、サブはやはり欲しいなとは思います、これまでギターをやってきてる経験上で。

Re: タイトルなし

いさおさん

それ、もう、気に入りすぎですよ(笑)
是非、サブとしてMOGAを買ってやってください。
そして、ミュートを付けた場合の変化を教えて下さい(本音)


カラバヨは一度だけやりましたが、店員が何故か余りいい顔をしないのと、どういう訳か禁止のお店が増えてきた上、そもそも私は余り落ち着いて練習できなかったのでその一度キリです。

サブが欲しい気持ち判りますね。
いずれ飲み屋などで遊びながら弾きたいと思っている身としては、最悪、人がうっかり割ってしまったとしても笑って許せるレベルの楽器をそういう場には持って行きたいですし。

いさおさんはギターをやっておられたのですね。
弦系の楽器経験がある人はバイオリンの上達が早いので、羨ましい限りです。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。