スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番大事な要素

現在、私がバイオリンを弾く上で最も重要なファクターは ―

ヒゲ

― である。


最近の私の口癖は、「練習よりヒゲ」。



坂本スタヂオの門下生なら何のことかはお解りだろう。

この場合のヒゲとは、主に男性の顎下および鼻下に生い茂っているタンパク質製の繊維群のことではない。


坂本門下において「ヒゲ」と云うとそれは「やさしい整骨院梅田店の通称ヒゲ先生の整体および鍼治療を受けること」を意味する。

以下のように使用する。


「今日ヒゲ行ってきました。」

「そろそろヒゲ行かなしんどいなぁ」


   


さて、このヒゲであるが、たかが整体、たかが鍼と馬鹿することはできない。
Before / After で私の場合、最大で肩の位置が数センチ変化する。施術後に数センチも移動するという事は、それだけ身体が歪んだり曲がったり強張ったりしていたということであるのだが、この「正常でない体の状態」というのは想像以上にバイオリン演奏に悪影響を与える。


こんな悩みをお持ちでは無いだろうか。


『バイオリンに右腕の重みがなかなか乗らない』
『ハイポジションで腕が入らない』
『思うようにスピッカートが跳ねない』
『スピッカートの跳ねを制御できない』
『左手の指がもつれて上手く回らない』
『弓がまっすぐ弾けない』


これらは、アマチュアバイオリン奏者にありがちな悩みだと思うが、大人から始めたレイトスターターの場合、一生懸命練習だけでは状況が改善するとは限らないと最近解ってきた。


身体を理解する事


この事は非常に大切なアプローチだと思う。
バイオリン演奏は全身、特に上半身の筋肉が恐るべき絶妙なバランスで制御されて成立する。

例えば、脇の下に小円筋という小さな筋肉があるのだが、これまでの経験上、この筋肉は正しいボウイングをするにおいて非常に重要である。ここが凝り固まっていると、綺麗にまっすぐな弓を弾くのが難しくなるし、余計な力が入りやすくなる。その結果として『プルプル病』が発生したり、『弓が曲がって進む病』や『音がスカスカ病』が発生したりする。

よって、ここが凝り固まった状態でいくら練習を積み上げても、下手に下手を積み上げる作業を延々と繰り返しているに過ぎない。

身体の側に問題がある場合は、それを先に解決してから練習したほうが良い場合は結構ある。
整骨院に行ってほぐしてもらうだけで、あっさり解決したテクニック上の問題はこの2年半の間だけでも何回もあった。

つい最近も、何ヶ月もイマイチ捕まえきれていなかった「スピッカートのコツ」のようなものを、ヒゲ後にレッスンに臨んだことであっさりとクリアした。もちろん、それはそれまでの練習時間の積み上げがあったからこそであり、身体の弛緩は最後のひと押しである。
しかし、最後の最後、いくらやっても上手くいかないという時は、身体に目を向けて見ることは非常に大切だ。


   


では、アーリースターターはどうなのか。
私はもはやアーリースターターになりようがないので想像の域を出ないが、恐らく彼らにはそんなアプローチは不要だと思われる。なぜなら、若くてそもそも身体がまだやわかく、筋肉も強張りにくいからである。
身体が成長途上である故に、ある意味バイオリンを弾くことに適した身体を成長過程で作り上げていくことが出来る。


ピチピチの柔らかい身体を持ったヒトケタ台の人間と、すでに四十肩が始まってて立位体前屈がマイナスに振れているような人間とが、同じアプローチで同じ動きが出来るようになるハズがない。

私は、アーリースターターとレイトスターターの決定的な違いはここにあると思っている。

アーリーにはアーリーのやり方が、レイトにはレイトのやり方があるはずだ。
そういう意味では、移弦の説明に「角速度」などというド理系な概念を持ちだしてくる坂本先生のレッスンアプローチはレイトに完全特化したスタイルであると言える。


   


さて、このヒゲ先生、坂本先生とその門下生の身体を散々触ってきたおかげで、「バイオリニストがどこをほぐして欲しいか」を熟知している。
その効果は絶大である。

ヒゲ後の右手の安定感は一度経験するとやめられない。
左腕も内側に入りやすくなって動きがなめらかになるため、ゆとりが生まれて音程が安定しやすくなる。


あくまで、私の個人的な体験に過ぎないが、ヒゲ前後でのバイオリンの腕の差たるや天と地ほどの違いがある。

ついでだが、施術後は気道がまっすぐになる為か、私の場合は話し声が大きくなる。そして嫁に五月蠅がられる。


一応申し上げておくが、私はこの整骨院の回し者でもなんでも無い。
大人がバイオリンを弾けるようになるためは遮二無二に練習するだけでなく、できない原因をちゃんと考えて、それが身体的な異常によるものなら、さっさとケアをしてあげる方が良いという事が言いたいだけである。



発表会まであと10日。
この間にヒゲに行けるかどうかで本番のパフォーマンスは大きく異なるに違いない。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

ひげにこの記事見せました~。
照れながらうれしがってた(笑)

出張施術希望

発表会当日 楽屋にスタンバっててイタダキたいものです~

Re: No title

> rauloopさん

なんと・・・本人にww
お世話になってるのに「ヒゲ」呼ばわりした記事を書いてていいのかなぁ・・・とか思ってたのですが、喜んでくれたのなら良かったです。

Re: 出張施術希望

>雨さん

禿同!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。