スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4回目の発表会 05 ~想定外の出来事~

全てのリハが終わり、程なくして本番が始まった。
今回の発表会は4部構成である。

第一部はピアノ伴奏でポピュラー中心。
映画で使われた音楽などの耳馴染みのする曲ばかりで、大人からのバイオリン教室らしいセクションだ。

第二部はピアノ伴奏もしくは無伴奏でのガチクラシック。
ここから途端に"ガチ度"が跳ね上がる。
大人から始めた、しかも歴3年前後が中心のバイオリン教室で並ぶ曲のラインナップとはとても思えない。

第三部は通奏低音伴奏によるガチバロック。
坂本門下ならではというセクションである。
バロック、しかも通奏低音伴奏。曲も楽章構成になっていて長い。基本的に手を出すなら全楽章をやれという方針の下、最もマゾい選択をした集団と言えるかもしれない。
平均の持ち時間が15分以上というバイオリン馬鹿本気軍団である。

第四部はアンサンブルセクション。


私の出番は第三部。

ちなみにソロでの演奏合計時間が最も長かったのは、おそらく、ブログ友達でもあるさん。第二部のトップとトリの両方で出てくるという大御所っぷり。しかも一曲は無伴奏。都合30分くらいは持ち時間が合ったのではないだろうか。


   


さて、全部で16の出演がある中で、私の出番は13番目である。
よって自分の出番までに同士達が演奏する様を散々見聞きする。
否が応にも緊張感が高まるというものだ。


― みんな上手いなぁ・・・どんどん上手くなるよなぁ


刻一刻と本番が近ずく。
高まる緊張。


そこへ・・・


嫁 「うぇーい。来たでー


手を振りながら嫁が来た。
嫁は別件で用事があり、この日は私の演奏時間帯に合わせての登場である。


― なんやろな・・・コイツのこの緊張感を壊す感じは・・・


この発表会本番の緊張感の中、嫁の放つ空気は、さながらルーブル美術館の中にリラックマを掲示するかのような雰囲気がある。それまでは「ピーン」とか「キーン」とか云う音で表現されていた場に、「ぽえーん」という感じのモノが居る。


   


程なくして、第二部が終わりインターミッションに入った。
このインターミッション中に第三部の出演者は調弦を行う。

私は午前中からずっと楽器を出しており、合間合間で何回かチューニングをチェックしていた。直前にバタバタしたくなかったのと、楽器を長時間会場の温度湿度に馴染ませておきたかったからだ。可能な限り本番での不確定要素を排除しておきたかったのだ。


だが、それは大きな誤算だった。


― ここはちょっとだけ指動かして再ウォーミングアップといくか・・・


そう思って楽器を鳴らした私は驚愕した。


― な・・・


全弦音がおかしい。
というより、内2弦はペグが緩みきっていた。
正直、よく駒が倒れてなかったな・・・という状態。

会場は本番が始まってからは確かに少し暑かった。
そのため、楽器が膨張してペグが緩み、調弦が狂ってしまったのだ。
もっとも長時間楽器を室温に晒していた私は、そのダメージも大きかった。


急いで調弦をするがなかなか合わない。
ペグが緩んでいて、調弦しても戻ってきてしまう状態だった。
押し込みながら調弦をするが、焦ってしまって返って時間がかかっている。


― ヤバい!!


これで一気に気が動転してしまった。
突如襲ってくる破滅的な緊張。


― くっそぉぉ・・・・


何とかかんとかペグを安定させ、調弦することが出来た。
しかし、動悸が静まらない。


― ヤバ・・・起こしてもうたなぁ


他人ごとの様に冷静にそう思っていたが、手が震えていた。
今回の緊張は「人に見られる事」に対する緊張ではなく、緊急事態発生だと脳が勝手に認識しての緊張である。

実は、私は手が震えるほどの緊張状態になっていても「あたま真っ白」ではない事がほとんどである。
脳は驚くほど冷静に、「緊張状態にある」と認識をしている。ただ、それをいくら認識していても首から下が正常な制御下に無いという状態なのである。状況判断は正常だが脳からの命令が正確に体の各部に行き届かないという感覚になる。


― 出番までに抑えられるかなぁ・・・


ふと見ると、同じようにペグがゆるむ現象は他の人のバイオリンでも起こっていたようで、先生がそれをケアしていた。


― ぁー。俺も頼んだら良かった・・・



出番は第三部の2番目である。
それまでに平常状態まで持って来られるか。


― さて・・・どうなるかな。


とても他人ごとのようにそう思った。
冷静なのか緊張しているかよく解らない混沌とした状態。


前の人の発表が始まった。


本番まで後、数分だ。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。