スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson3 (後編) - 無の境地 -

いよいよ左手の出番。
・・・と思いきや、まずは座学から。


先生「ぷぃぷぃさんは合唱やってたんですよね?」

私「はい」

先生「じゃあ、平均律とか純正律の話は全部飛ばして大丈夫ですよね?」


いやいや、合唱やってる人でもちゃんと和声学まで勉強してる人とか少数派ですぜ、きっと。
昔々に勉強したことはあるが、私の『大丈夫』と先生の『大丈夫』は次元が違う気がする・・・。
怖いので、一応、簡単に説明してもらった。


先生「じゃあ・・・」

― いよいよ音階か?!

先生「バイオリン置いてください

― 座学の前に置いたらよかったんじゃね?

しぶしぶバイオリンを置く。


先生「左手を"ごめんやっしゃ"の感じで出してください。」


"ごめんやっしゃ"は関西・・・というか大阪の人しかわからないかもしれないが、意味的には大体「Excuse me」に近い。そして、多くの場合手の動きを伴う。顔の前で片手で拝む感じで、手を少し「ダラっ」としたら"ごめんやっしゃ"のフォーム。
人の間をかき分けて通るときに、手刀を軽く切りながら通ったりするが、その感じが"ごめんやっしゃ"。
漫才師の中川家のモノマネネタで、忘れ物をして戻ってくるサラリーマンのネタがあるが、礼二が戻ってくる時の手の感じが"ごめんやっしゃ"である。

・・・話がそれてしまった。


言われた通り、"ごめんやっしゃ"の手をする。


先生「その状態で、人差し指の第二関節だけを曲げてください」


これが難しい。
どうしても他の指が一緒に動いたり、指の根元がちょっと動いたりしてしまう。


先生「難しいでしょ?」

私「はい」

先生「コツを教えますね。」


ぉ、この流れは筋肉図か?!


先生「まず、心を無にします


1手目のハードル高いよ先生。
きっとバイオリンより難しいよ。
もしかして、バイオリニストは全員、無の境地に到達してるのか・・・

その後、色々とアドバイスや説明を貰ったが、長いのでここでは割愛。
とにかく、左人差し指が独立稼働するように訓練しなさいということ。


ようやくバイオリンを起動して、開放弦と1の指だけで練習。
ヘルツ単位の音の高低を指摘されるが、「わかっちゃいるけど」状態。
毎回、正しく同じ位置に落とせるようになるには、だいぶ訓練が必要であるようだ。

ギターと違って、バイオリンは押さえたい弦を選ぶときは指の曲げ伸ばしではなく、肘の角度で制御しているというのは驚きだった。あちこちのブログで「ハイポジの時に肘が中に入らない」とか書いてるのはこの事だったのか。


1の指のトレーニングをメインにした課題を幾つか貰って今日のレッスンは終了。


   


家に帰ってきてからバイオリンを鳴らしてみたら、嘘みたいに楽に弾けるようになっていた。


いやはや個人レッスンとは素晴らしいもんだ・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

レッスン

私も個人レッスンを受け始めたのは最近ですが、
1回のレッスンで成長させてくれる先生は、本当に凄いですよね!
今までレッスンを受けていなかったのを後悔しました(;_;)

それにしても、ぷぃぷぃ虫さんのブログの登場人物は皆愉快ですね!
ヴァイオリンの先生の『心を無に』とか、PCの前で吹いてしまいました(´∀`)  
レッスンのビデオを撮ったらそのまま漫才になりそうだな、って
レッスン記事を読むたびに思っています!
関西だから??笑

左手デビューおめでとうございます

つきに左手の練習に入ったんですね。僕はまだ先になりそうなので羨ましいです。

それにしても先生面白いですね。
まず「左手を"ごめんやっしゃ"の感じで出してください。」でかるく笑わしてもらいました。(
また詳細な説明ありがとうございます。)
「心を無にします」では大爆笑でした!o(^▽^)o

ぷぃぷぃ虫さんの記事を参考にしながら、練習進めていきます。また新しいコツを伝授されたときは紹介してくださいねー。

こちらでははじめまして

こんにちは。
ごめんやっしゃがわからなくて
何度も試してみたのですが・・・・
わかりませんでした。難しいですね。
でもヴァイオリンのいろいろな動きを
的確に言葉で表現できるのは
素晴らしい先生だと思います!

Re: レッスン

ほっとけーきさん

こんにちわ~( ・∀・)ノ

グループレッスンでは、周りのペースについていけなくなったらいやだなぁ・・・と思って、私は最初から個人レッスンにしました。でも、もっと若かったら、ケチってグループレッスンにしていたか、習わずに我流で適当にしていたと思います。
私ももっと早くバイオリンを初めていたら今頃・・・と思うことはありますが、何事も巡りあわせ。今在る状態が常に自分にとって最善なのだと思っています。


なぜか、私の身の回りは「濃いキャラ」の人が多いようで、大体私の日常はこんな感じです。
変人ばっかり周りに居るなぁ・・・って嫁に話をしたら

「お前が言うな。変人の自覚ないん?」

って言われたりしましたが(;´∀`)

これも、関西だから・・・ですかねぇ・・・。

Re: 左手デビューおめでとうございます

せーさん

こんにちわ!

もうね・・・左手ツリそうです。
左手にばっかり注意が行って右手ぐだぐだとかそういう状態です。

先生は私にとって「ど真ん中」な教え方をしてくれます。
基本的には科学的というか、理系な感じでカッチリ教えてくれるのですが、表現が大阪のノリなんですよね。
もう、この人以外でのレッスンは考えられません。

Re: こちらでははじめまして

celloさん

こんにちわ。
コメントありがとうございます。
いつもブログ楽しみに読ませていただいてます(´∀`*)

"ごめんやっしゃ"の感じはやっぱり大阪人特有のものなんですかねー。
嫁は和歌山出身でもう7年くらい大阪に住んでいますが、まだネイティブの"ごめんやっしゃ"は出来ません。

私の先生は『バイオリンの教え方』を専門的に習ったのだそうです。
しかも、中学生以前での受講はお断りされているようで、完全にレイトスターター専門の先生ということです。
なので、大人に分かりやすい言葉で教えて下さいます。
ものすごく適当に探したのに、いい先生に巡り合えたなぁ・・・と思っています。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。