スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同士

さて、教室は決まった。
まだ、体験レッスンの予約すらしていないが、心に決めた。


しかし、スタートするまでにまだやるべき事がある。
そう、私はバイオリンを単に弾きたいのではなく、セッションというものをしたいのだ。
そして当たり前だがセッションは一人では出来ない。

京橋駅で一人でギターとドラムとハーモニカとさらにいろんな楽器を同時に鳴らしているキテレツな外人がいるし、ニコニコ動画には一人で6つも7つも楽器を鳴らしている神動画が上がっていたりもするが、そんな例外的天才はさておこう。


数年バイオリンを練習し、かなり弾けるようになってからセッションデビューというのが王道。
しかし既に三十路。「かなり弾ける」日が来るかどうかもわからんオッサンがチンタラやっている暇はないのだ。
下手くそな自分とのセッションにいつでも応じてくれるパートナーがいると都合がよいが、レベル差がありすぎるとお互い楽しくないだろう。つまり、一緒にスタートして別の楽器をやってくれる人物を用意するのが最良。

傷を舐めあい励まし合いながら一緒に上手くなって行く。
楽器を弾けなかった二人がいきなりセッションが可能な状態で人前デビュー。
なんという美しいシナリオだ。

しかし、問題が一つ。
「セッションしようぜ。俺バイオリン始めるから、お前もバイオリン以外でなんかやれよ。」
10代の頃ならいざ知らず、三十路を超えてそんな突拍子もない企画に乗る阿呆がいるだろうか。しかも現時点で楽器が弾けないヤツ限定で・・・・


こういう時は当たって砕けろだ。身近な人間から当たってみよう。
最も身近な人間・・・そう・・・まず 嫁 から。

そういえばバイオリンを初めることを嫁に言っていなかった。
お金もかかることだし、どうせ嫁に話すのは避けては通れない。巻き込んでしまうのが得策と言うもの。
ふふふ・・・なんという策士か・・・


私「なぁバイオリン始めようと思ってるんだが・・・」
嫁「ぁ そう。ええんちゃう?」

お前さん あっさり過ぎねぇか?
そういえば、庭に突然畑を開墾した時も、夜店で金魚を数十匹GETして全部飼うと言い出した時も、猫を飼うことになったときも、熱帯魚を飼い始めた時も、日曜大工を始めた時もこいつは反対する気配はなかった・・・どうやら「反対」の二文字を知らんようだ。
なんとできた嫁。

だが甘いな。今回はお前も巻き込まれるのだよ。ふははは。

私「ほんで、バイオリンでセッションしたいから、嫁もピアノはじめようぜ」
ふふふ・・・さすがの嫁もこれにはドン引きだろう。

嫁「まじでー。やるやるー」



お前、軽すぎ。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。