スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson7(後編)-初めての・・・-

3曲目に進む。
今度もちゃんとメロディな感じ。

そして、なんと先生パートがある。
前回、宿題を出された時に先生から「容赦なく入っていきますので」と脅されているのだ。

だが、先生が入ってくることがあらかじめ分かっているなら対策のしようもあるというもの。
ふふふ・・・こちとら10年以上も合唱をやっているのだ、分野は違っても他パートが入ってきたからとて混乱したりしない。しかも念には念を入れ嫁に先生パートを弾いてもらっての練習までしてあるのだ。

初めてのバイオリン同士でのセッション。練習曲とはいえ、わくわくする。


先生「じゃあどうぞ」

私「ぇ?」

先生「入りの指示してくださいね

私「ぇ?先生がサンハイ的なことしてくれるんじゃないんです?」

先生「だってそっちが主旋ですから。」


聞いてねぇ!!

こういうのって初めてのときくらいは先生が導いてくれるとかじゃないのか?


私「じゃあ。さんは・・・」

先生「口で言うのはダサいので無しで。あと、この曲 2/4なのでサンハイじゃないですね」


き・・・厳しすぎるんじゃないですかい・・・


私「じゃあ息で・・・」


すぅ~ ♪~


先生「うーん。まぁそれでもいいんですが、別にバイオリンは歌うわけじゃないので変に息を吸うと弾きにくくなっちゃいますよ。」


どうすりゃいいんだよ・・・orz


先生「こんな感じで、2拍前に体を使ってテンポを決めて、前拍の間に弦に弓を乗せる感じで・・・」

まてまて・・・それって結構上級者向けなんじゃないですかい?
自慢じゃないが、今までバイオリンに弓が乗った状態でしかスタートしたことないんだ。そんな離れ技は聞いておりませぬ。まずは初心者に優しい方式で行きませんか先生。


先生「ぷぃさん指揮者やってたなら行けるでしょう?(ニヤリ)」


ひぃぃぃ・・・言わなければ良かった。
音楽の"お"の字も知らないような顔をしておくべきだった。


何度か入りをやってみるがナカナカ合わない。
テンポもなのだが、まず弓をうまく弦にのせられない。


先生「弓元のこのあたりで乗せましょう」


このアドバイスでまず乗せ方が改善。


先生「それと、弓を置くタイミングは半拍前の先入(※)だと思ってやってみてください」


これが私にはドンピシャの説明。
ある程度入りが合うようになった。
やはり、この先生は私にピッタリのアドバイスをくれる。


ようやく、曲が始まった。

♪~

こ・・・これは楽しい。


先生「うんうん。いいですね。 でも、もうすこしこのへんの音とか・・・(以下略)」


色々とアドバイスをもらいながら、何度か弾く。


慣れて来たところで、時々先生とテンポ感が離れる瞬間があることに気づいた。
やっぱり弾くのに必死でテンポが崩れて来ているのか・・・やっぱりテンポをキープするのは難しい。



先生「うん。ちゃんと私の音聞いてますね。」

おぉ?!

先生「ちょっとテンポ揺らしてみたんですが、ちゃんと反応してましたよね」


ハードルの設定高すぎませんか?

※先入(せんにゅう)・・・指揮のテクニックの一つ。次拍の"点"に先に入ることからそう呼ばれる。
   

4曲目に移行。
こちらも先生パートとのアンサンブル。
生徒パートは4拍のロングトーンでのスケール。先生パートはうじゃうじゃ動いている感じ。


一回弾いてみたところで、突然


先生「この作曲家知ってます?」

私「いえ。全然知りません」


ここから先生のターン。
作曲家の歴史から始まり、ドレミ・・・という音名がどのように生まれたか。そして、旋律の発展の歴史・・・etc
様々な角度からスケールとはどういうものであるのかを説明してくれるのだが、知らないことが多すぎて頭に入ってこない。

先生「・・・というわけで。ぷぃさんは単にロングトーンのスケールですが、下で私が色々やってるので、音楽的には色々考えて弾くと良いです」

ハードルというか、もう筋肉番付の跳び箱級の設定。

先生「もう一度行きましょう」

♪~

先生「音が一本調子ですね」


だって、今日最初の方にそうしなさいって・・・・


先生「早いうちから崩しておくことも大事です。基礎練習の弾き方しか出来ないといくら上手くなっても音楽としてはダメです。」


先生の言いたいことは分る。
まがりなりにも指揮者経験のある身。先生の奏でる旋律を聞きながら弾いていると、「ここはこう行きたい」というのが確かにある。だが、まったくバイオリンの腕がついてこない。

いきなりクレッシェンド・デクレッシェンドを教えられ、もう一度。


♪~


先生の旋律がさっきと違う。明らかに楽譜に書いてない音がいっぱい鳴っている。

先生・・・なんか変なスイッチ入ってませんか今日。


この後何度か弾いたが、毎回先生のパートは違い、弾くたびに豪華さが加算されていた。


   

ここまででこの日は時間切れ。残った2曲は残念ながら次回に持ち越し。

そして、さらにタップリと宿題を頂いてこの日のレッスンは終了。

次のレッスンまで2週間あるが、どう計算しても練習時間が足りない。



帰りがけに先生が一言


先生「非常に良い感じですよ。頑張ってくださいね」


少しは上達してきていると思って良いのだろうか。

スポンサーサイト

comment

Secret

素晴らしい先生♪

これからの5年先、10年先を考えると
こういう先生に教わることが出来ることは
素晴らしいと思います!!
将来、ふりかえったときにこの教えのありがたさが
身にしみる気がします~

入りの指示

こんばんは(´▽`)

曲に入るタイミングって難しいですよね。
それを、一番上級者向け?のことを
さえる先生もすばらしいですね。
びっくりです(;´▽`A``

ハードルが高いことをされていますが、
でも、それはきっとぷぃぷい虫さんが才能あるだろうから
先生も指示されているのだと思います。

あれこれ、「ぎょえ!」と思うことが多々あるかと
思いますが、ぷぃぷぃ虫さんならクリアできると
思いますので、ぜひがんばってください!(≧▽≦)ノ゛゛

すごい・・・!

ぷぃぷぃ虫さんの能力を
わかっててのレッスンって感じですね!

私も、何度か先生と
合奏したことがありますが、
自分のことで精一杯で
先生が合わせてくれていました(笑)

Re: 素晴らしい先生♪

celloさん

こんにちわ。
大先輩のcelloさんにそう言っていただけると、すごく安心します。
正直、先生の良し悪しなんて今はまだわかりません。
信じて付いて行くのみです。

縁あって良い先生に巡り会えているのだとしたら、それは幸せなことですね。

Re: 入りの指示

ありるまさん

こんにちわ。

自分で入りのタイミングを指示しなければならないとう発想がまったくありませんでした。
一番上級者向けかどうかは私の勝手な想像なのでわかりませんが、弦楽四重奏でプロが同じやり方で入りをやっていたのを見たことがあります。少なくともバイオリン2ヶ月未満で初アンサンブルの初合わせの一発目に持ってくる
ものでは無いだろう・・・と思いました(;´Д`)


才能・・・ですか(笑)
あったら嬉しいですね~(´∀`*)
でも、そうだとしてもそれが出てくるのはもっと弾けるようになってからのような気がします。
まだまだ、バリバリの初心者ですので・・・

ただ、先生のレベル設定は絶妙だと思います。
嫁が同じ先生にピアノを習っているのでそれが如実にわかるのですが、それぞれに「ギリギリ無理なライン」で宿題の量や要求レベルの設定がされている感じです。必死で食らいついて行こうとしているのですが、エンドレスにハードルが上がり続ける仕組みなっていて、結局「ギリギリ無理なライン」を設定されるので毎回「ぎょえ!」ってなります(笑)

本当に無理なラインを設定してしまうと、変なくせがついたりして身につけたものが崩れる危険があると思います。逆に、余裕でクリアできるラインを設定してしまうとサボったりしてやっぱりダメになっていくのだと思います。そのギリギリの所は自分では絶対に見極め不可能なので、個人レッスンに通っていて本当によかったなぁ・・・と思います。

Re: すごい・・・!

アリアさん

こんにちわ。
先生はきっと悟りを拓いているのだと思います。
もう、何もかもお見通しって感じです(;´Д`)

私の先生は合わせてくれるどころか、予告なくリズムを揺らしてちゃんと聞けているかを試してくる鬼っぷり。
それでも、先生の音が鳴っていると包まれるような感じで自分も上手くなったかのような気になれて楽しかったです。
何回か合わせた後に一人で弾いてみろ・・・ってなったのですがその時の残念っぷりと言ったらもう・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。