スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトン

バイオリンを始めて3ヶ月が経った。
3日坊主を自認する私だが、過去の経験からひとつの法則がある。

3ヶ月経ってまだ嫌になり始めていなければ1年くらいは大丈夫


嫌になるどころか、最近は『練習をしたくて仕方がない』というおかしな身体になっている。
仕事の都合などで一日弾けなかったりすると翌日の禁断症状がすごい。
逆に大丈夫なのかと思ってしまうが、少なくとも、どうやらバイオリンは性に合っている模様。


さて、いつも忘れるので、先に練習時間報告をしておこう。


   

先々週の練習時間:10.4時間
先週の練習時間:11.9時間

先週までの総練習時間:133.6時間

総レッスン回数:9回
※練習時間にレッスンは含まない

   

ひとつ前の記事で実家を練習場所にできるが諸問題がある・・・ということを書いた。そして、今週は結局ほとんど実家に行かず、家で練習していた。


実は、土曜日の夜に一度弾きに行ってみたのだが、さっぱり練習にならず帰ってきた。


練習を初めて10分と経たないうちに・・・


父「せんべい食べるか?」


― 来たか。オトン。


とりあえず、バイオリンを置いてすすめられるままにせんべいを食べる流れになる。
せんべいを食べ終えてバイオリンに手を伸ばすと・・・


父「最近、ええ曲見つけてん。これ知ってるか?」


おもむろにCDを取り出してかけ始める父。


― なぁ・・・オトン。バイオリン練習してるところにCDをかけるとかヒドくね?


流れてきたのはアンジェラ・アキの『手紙』


私「知ってるも何も・・・」


― オトン・・・その曲、二年前の曲やで。ほんで、流行ったん去年でっせ。


父「この曲はなぁ・・・大人になっても悩みがなくなるわけじゃないということを上手く歌っとるねん」


歌をバックに、曲の解説を始める父。
最初の歌詞はどうだ・・・とか、二番からはこうだ・・・とか、手拍子の意味はどうとか、最終的には哲学的な見解にまで踏み込んでいく。

私はNHK合唱コンクール中学生の課題曲であるこの曲の「正規の楽譜」を持っている。
私もこの曲が好きなので、譜読みはもちろん曲想研究もしており3パート全て音取りしている。
今更そんな解説などしてもらわなくても、この曲の良さは十分に知っているつもりだ。


私のそんな考えをよそに、何度も『手紙』をリピートする父。


― ええかげんにしてくれへんかなぁ・・・


すでに4回くらいはリピートして聴いただろうか・・・。
5ループ目の二番が始まったあたりから、おもむろに父がまた語りだす。


   


拝啓ありがとう。15の貴方に伝えたい事があるのです。


父「大人になっても悩みは減らへんで」


自分とは何でどこへ向かうべきか 問い続ければ見えてくる


父「ホンマは大人になればなるほど悩みは増える一方や」


荒れた青春の海は厳しいけれど
明日の岸辺へと 夢の舟よ進め



父「オトンもな 歳やから禿げてるんとちゃうで」


今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうなときは
自分の声を信じ歩けばいいの



父「色々乗り越えてきてるからこうなるんやでー」


大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど
苦くて甘い今を生きている



   


最近、父は私にこういうところを見せる様になった。
私の父は子供の目から見て「出来た父親」である。仕事に生きながらも、家族との時間も大切にする父親。ハッキリ言って完璧な父親像の一つだと言える。家では「おもろいオトン」でいつもアホな話をして笑っている。悩みがあるような姿など見たことがない。
私にとって父親は「オトン」という特殊生物であり、人間とは違う別格の存在であるかのような認識をしている。何でも知っていて、悩むことなく何でもこなす(ように見えている)父は、人間である自分の延長にある存在として認識されていないのだ。

その父が突然かいま見せた弱さと強さの狭間・・・。


― あぁ・・・オトンも俺と同じ一人の弱い人間なんやなぁ・・・


ソウルフルなアンジェラ・アキの声をバックに心の内を語る父を目にして、突然そう思った。
60を超えた父は15の自分に何を伝えたいのだろうか・・・。

私はこの曲のことなど何にも分かっちゃいなかったんだな・・・と思った。

バイオリンの練習は結局10分もできなかったが、何か大きなことを学んだ気がした。


しかし、やっぱり実家ではバイオリンの練習にならないことは間違いなさそうである。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LIFE(初回生産限定盤)(DVD付) |アンジェラ・アキ

LIFE(初回生産限定盤)(DVD付)アンジェラ・アキERJ発売日 2010-0...

comment

Secret

No title

ちょっぴり温かくも切ない気持になりますね。
私の父は70を超えていますが、私には大きく思えていた父が
年に1、2度会うたびに、ちょっとずつ小さくなっているような
気がします。
いつまでもどうか元気でいてねと、心から思います。。

ところで「NHK合唱コンクール」、、、懐かしいです。
出ましたよ。中学の部。30年近く前!
3年間出たはずなのに、何故か中2の時の記憶しかありません。
(中2の時は九州大会でたしか3位だかになったので、
良く覚えてるのかもしれません。)
課題曲、「新しい朝」だったような。。。

バイオリン、性に合ってらっしゃるようですね!
私も、こんなに面白いと思い、続いているのは
バイオリンが初めてです。
毎日触らないと気が済みません。
辛くても出来なくても何故か面白いです。
同じ楽器でもピアノやギターでは何故かそう思えませんでした。
フラワーアレンジメントは3カ月で飽きました。
習字は毎回、字を書きながら居眠りしていました。
ヨガも続きませんでした。
ちょっと遅かったですが、バイオリンに出会えて、勇気を出して
始めて、本当に良かったと思っています(^^)



オトンどの

素敵なお話をありがとうございます。
お父様、すてきですねー。
そんな父上のお子に生まれて
幸せな感じがよく伝わって来ます。
アンジェラ・アキ聴くなんて、若い!
哲学の話とか、うちではありえないので、
よその親御さんの話は興味深いです。

実家で練習、いいですね!気兼ねなくて。
そして、家族への気づきもあったりして。
ご家族のみなさんが、ぷぃぷぃ虫さんが来て
喜んでいる様子がこちらの気持ちも温かくしてくれます。

ステキなお父様!

こんばんは(´▽`)

私も、こんなにのめり込める趣味に出会ったのは
初めてです!(≧▽≦)ノ゛゛
ホント、バイオリン大好きです(´▽`)

お父様、ステキですね。
私は小さいときから父親がいなかったので
すごくうらやましいです(*^ー^*)

心があったまりましたよ~!

Re: No title

りょうさん

こんにちわ~

私は両親が近所に住んでいて毎週のように会えてしまうため、変化に気付かないだけかもしれません。実はちょっとずつ変わって行っているのかもしれませんね。
この歳になってようやく両親にいつまでも元気でいて欲しいというような感情が湧いてきました。
私もおっさんになったんですねぇ・・・(笑)

九州大会3位とはすごいですね、少なくとも県コンクールは突破したってことですもんね。
私は大学から合唱を始めたのですが、あまりコンクールに出たりすることに積極的な団体ではなかったため、コンクール自体は未経験だったりします。それでも、NHKコンクールは曲が良いことが多いので、一時は毎年のようにピース譜をNHKから取り寄せていました。

バイオリンは不思議と性に合っているようです。
こんなに入門が険しく楽しくないものも珍しいと思うのですが、何故かハマっています。
私も小さい頃からピアノ、習字、水泳、柔道、テニス、居合・・・数えきれないほど"お稽古事"をやってきましたがどれも続かずモノになっていません。ここまで真剣に練習しているのはもしかするとバイオリンが初めてかもしれません。
もっとも、これからさらに過酷な教本が出てきたときに耐えられるかは定かではありませんが・・・(笑)

Re: オトンどの

ぴっぴさん

こんにちわ~

文章に書くとすごいカッコいい父親に見えてしまうから不思議なものです(笑)
普段は「大阪のオトン」なので、アホな話ばっかりです。

私の生家はかなり変な家庭だと思います。

昔、マトリックスという映画がありましたが、DVDが発売された頃に見た父親がハマりにハマって、妹と「マトリックスごっこ」を繰り広げていました。有名(?)な銃弾を避けるシーンをキャスター付きの椅子を使って、いかに上手く再現出来るかを毎日二人で研究してはりました。
ラストサムライがでた頃には、ラストサムライごっこを真剣にやってました。

あと、ウチには「後ろ回し蹴りは後ろ回し蹴りでしか防げない」という訳の解らんルールがあり、後ろ回し蹴りでおしりを蹴っても良いことになっています。仕返しも当然後ろ回し蹴りでないと認められないので、時々実家に帰ると家族中で後ろ回し蹴りでバトルしてたりします。

いずれ書くかもしれませんが、ウチは家族でちょっとした理論系ヨガ(ギャーナ・ヨーガ)に昔から取り組んでおりまして、普段から「悟り」だの「宇宙」だの言う言葉が普通に会話に出てきます。


実家の人々は、私が来るのは喜んでいるのかもしれませんが、どうも「バイオリンはうるさい」と思っているようなので、何かにつけてわざわざ邪魔をしようとしている気がしてきました。
まぁ、こっちもそんなことは気にせずガツガツ行くのですが(笑)

Re: ステキなお父様!

ありるまさん

こんにちわ~
ホント、バイオリンいいですよね(´∀`*)
バイオリンと共に始めたブログでこうして友達が出来て楽しさが広がっていることもまた、バイオリン好きになる大きな要因の一つなんじゃないかと思います。

自分の父親を素敵と言われる、大阪人としては「そんなわけあるかいな!」ってなってしまう所です(笑)
自慢・・・とまでは行きませんがオモロイ親父ではあるかなぁ・・・ってところですねぇ(´∀`*)


両親が元気ですぐ近くにいるという事は、実は当たり前のことではないんですよね・・・。
それがわかっていても目の前にすると、つい「子供」になってしまいます。

遅かれ早かれ絶対にいつかは親との別れを迎えなければならないのに、一緒にいることが当たり前になりすぎてしまって、我が家にだけはそんな日が来ないかのように心の奥底で思ってしまっているのかもしれません。私の両親はまだバリバリの現役で、ある意味私よりバイタリティがあるので、余計にそんな日が来ないかのように振る舞ってしまいます。

孝行したい時になんとやら・・・

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。