スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合唱合宿(中編)-意外な弊害-

パート練習と言っても、そう多くの練習部屋を確保できるわけではないため、男声と女声に別れてのパート練習。
私が練習場に駆け込んだ時にはちょうど男声合唱曲のパート音取りをしているところだった。

所属している合唱団は混声合唱団なのだが、次回の演奏会ではステージの一つで男女別れて男声合唱と女声合唱もやることになっているため、その音取りというわけである。

音取りパート練習 ― 通称"パー錬" ― は鍵盤を弾ける人(通常はパートリーダー)が楽譜のとおりに各パートのメロディーラインを弾く。そしてそれについて歌う。
まず聴く。次に聴きながら歌う。非常にシンプルな練習方法である。

メロディーを弾いてくれる上に、皆で一緒に歌うのである。
音感が良い人から先に音が取れていくので、音感に自信が無くとも取れた人の声に合わせて歌うことで音取りはさらに容易になる。合唱はバイオリンと違って、うまい人と同じ音に寄り添って歌うことはそう難しいことではない。
これで楽譜が読めない人もバッチリ歌えるようになるというわけである。

もっとも、そのようなシステムであるが故に、長年合唱をやっているがイマイチ楽譜が読めないという人がたくさんいる。我が嫁もそのうちの一人である。

さて、この日練習していた男声合唱の曲は初見譜。
正確に言うと、事前に渡されていたのだが誰一人練習してきていないため、初見練習化した譜。10年を超えて合唱をやっていると、変に音取りのテクニックがついてしまって適当になるのである。
もちろん私も楽譜を見て来てすら無い。

私はバイオリンくらい合唱の練習をすればきっとすごい上手くなるだろう。


それはさておき、男声全員合同で男声合唱のパート練習をしている・・・ということはつまり、全然パート練習の体を無していないのだが、一応この曲の担当である正指揮者様がパートリーダー役になって、全パートの音取りをしてくれていた。なんとも贅沢な話である。
しかし、私が到着したときには、自分のパートであるトップテナーの音取りは終わっていた。


よって、後のアンサンブル練習で初見確定


私は去年までテナーのパートリーダーだった。なんとも適当なパートリーダーもいたものだ。しかし、自分で言うのも何だが今もって一応はトップテナーの「軸」ではある。「軸」が初見。
バイオリンへの真摯さの10分の1でもいいから合唱に分け与えたいものである。


そんなこんなで、パート練習を終えてアンサンブルに集まったが、男声合唱のアンサンブルは翌日に持ち越し。きっと、あまりに音が取れてなさすぎて「明日までに時間見つけて取っておけ」ということなのだろう。


   


アンサンブル練習はモーツァルトの曲。
いかにもモーツァルトな混声4部の曲である。

喉の不調が心配だったが、歌い始めてみると不思議なことに高音域の調子がかなり良い。
話をする時と歌う時は喉の使い方がまるで違うため、風邪で喉がやられて全く話が出来なくなっても歌えるということはよくある。

私は会話をするときは自分の声域中の最低音域付近で話しており、逆に合唱は高音域を中心に使う。そのため、話し声を聞いて喉の調子が悪いように見えても、即歌えないということにはならない。無意識に喉を使っている会話とは違い、歌の時は意識的に喉の形を作っているからであるが、これだけは10年合唱をやっていて手に入れた技術であると言える。
もっとも、とことん喉の調子が悪くなると最終的には全く声が出なくなる。ダメになるまでに多少時間差がある・・・というだけのことである。


モーツァルトの曲は練習し始めて1年くらいになるので、もうある程度安定して歌うことが出来てきているが、今日はどうも隣の人と音程が合わない。隣の人も元パートリーダーで、テナー全体の「軸」である。なので、この人が間違っているとは思えない。

よく聴きながら歌ってみると、全部の音が合わないのではなく、特定の音に限って私の方が高いということが解ってきた。


― 3度が全部高い


バイオリンを初めて4ヶ月弱。
ピタゴラス音階を目指してさんざん3度を高めにとる癖をつけてきた。
それが歌に影響を与えている。

しかし、合唱は、平均律もしくは純声律。3度はむしろ低めに取る必要がある。
ピタゴラス音階を一人だけやっていると周りと音程が微妙に合わないのだ。


バイオリンの音階練習が、こんなところで弊害となって出てくるとは思いもよらなかった。

バイオリンの先生が言うように切り替えて使えるようにならないと色々と困りそうだなぁ・・・


続く。

※PC不調のため、投稿するハズだった日に遡って投稿しています。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。