スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥か高み

引き続き日曜日のお話。

午前中に映画を見た後、お昼からは合唱の演奏会。
大学の後輩指揮者が率いる合唱団を含め4つの女声合唱団によるジョイントコンサート。


各団体が順番に歌っていき、最後のステージは全団体が合同で歌うという良くあるパターン。

今回はこの合同ステージに趣向が凝らしてあり、1曲ごとに各団体の指揮者が振るという面白い試み。しかし、このやり方、指揮者を経験したものとしては、ある意味残酷なステージであると言える。

なぜなら、指揮者としての実力が丸裸になるからである。
全く同じ合唱団を同じステージ上で指揮者だけを変えて歌ってその音楽に差がある場合、その差は完全に指揮者の能力差という事になる。したがって、能力が逼迫している場合は面白いステージということになるが、差がある場合は残酷なステージとなる。

4団体のうち2団体は日本を代表する女性合唱指揮者のひとりである飯沼京子先生が率いる合唱団。飯沼先生は合唱コンクールでは審査員を勤めたりする立場であり、言ってみればプロの合唱指揮者である。
後輩指揮者はこの飯沼先生が率いる別の合唱団に入っていたこともある。
私の後輩と飯沼先生は、いわば師弟関係にあたるわけである。

1曲めと3曲目が後輩指揮者の担当。
2曲目が飯沼先生の担当。

合唱に限らず音楽をやっていてステージを経験したことのある人なら、それがどれ程残酷であるかがお分かりいただけると思う。

このブログはバイオリンブログと銘打っているので、バイオリンに置き換えてみよう。
発表会などで、最後に先生が何曲か弾いてくださるという構成になっていることがあると思うが、その「先生のターン」であるはずのプログラム中に、自分が先生のバイオリンを借りて弾く。最初に自分が弾いて、次に先生が弾いて、また自分が弾く・・・というのと同じシチュエーション。もちろん、相応の実力があってこそ共演させてもらえるのだが・・・。


まず、後輩指揮者が1曲目を演奏する。
合同ステージは言ってみれば「にわか結成」の合唱団であるため、声の方向性が違ったりして、イマイチだったりすることも多いが、このステージは声質がかなり集まっているし声も伸びやかに出ている。
子どもが生まれた瞬間をテーマに扱った曲で、1年ほど前に子どもが生まれて父親になっている彼から親としての気持ちが溢れて来ている上、歌い手がいわゆる「ママさん」が多くリアルに出産を経験している人が多いため、『この合唱団にしか出せない音』と思わせるほど、素晴らしかった。


そして、二曲目。飯沼先生にバトンタッチ。

飯沼先生が指揮台に登る。すると、空間が変わった。
音が出始める前・・・伴奏すら始まっていない段階から、もう「違う」のだ。
団員の表情・・・空気・・・安心感と言うか、一体感と言うか、なんとも心地よい雰囲気が広がっていく。
「歌う前から音楽は始まっている」と私は自分の指揮の師匠に教わったが、まさにその通り。

音楽が始まる。
これが、本当に先程の演奏と同じ合唱団なのだろうか?
声が伸びやかとかそんなレベルではない。

気がつけば止めどなく涙が溢れていた。

同じ合唱団。同じ歌い手。同じステージ。立ち位置すら変わっていない。
変わったのは指揮者だけ・・・。


演奏が終わると、割れんばかりの拍手。
今の演奏が良かったかどうか等、聞いてみる必要など無い。
観客とは素直なものである。


私は一応10年ほど合唱指揮者をやっている。
なので、指揮者の実力差で合唱団から引き出せる力に大きな差があることは分かっている。
しかし、ここまでハッキリと見せつけられると、指揮者として恐ろしいと思ってしまう。


一応、後輩指揮者の名誉のために言っておきたいが、彼の指揮者としての能力は決して低くない。
彼は後進指揮者を指導する会において若くして講師を務めており、また、私の出身団体である大学の合唱団の顧問を務めている。ハッキリ言って、実力は関西の20代~30代の合唱指揮者の中ではトップランクである。
そのテクニックは当の飯沼先生が一目置いており、あちこちで共演をさせてもらっている。

しかし、こうして「同じ合唱団を同じ舞台の上で歌わせる」というガチンコ対決をやってしまうと、途方も無い力の差があるのだということをまざまざと見せ付けられる。

合唱界に名を馳せている巨匠は伊達ではない。
我々がおよびも付かない遥か高み・・・。



アンコールは飯沼先生。

演奏会終了後、しばらく立ち上がれないほど泣かされて、大満足のコンサートだった。

場慣れ

今回はバイオリンではなくて歌の話題。
昨日は合唱の方で本番ステージだった。

年に一回、合唱祭というイベントがあり、近隣地域から数百の合唱団が集まってきて4日間にわたって歌い倒すというもの。
所属している合唱団でも毎年参加しており、今年も参加。
本番といっても7分間、2曲だけのショートステージ。

これがバイオリンの発表会だったら心臓が飛び出そうなくらい緊張してそうなものである。
しかし、合唱歴は12年。複数の合唱団に所属していた時は掛け持ち出演していたので、通算20回以上は出演している慣れたステージ。しかも「合唱」。ソロじゃない。

バイオリンではたかがレッスンで手が震えるほど緊張していた男とは思えないくらい、こちらでは本番を前にしても緊張の気配がない。あぁ、一人じゃないってこんなに安心するんだね。ありがとうみんな。


どれくらい緊張感を失っているかというと、

本番用の衣装を忘れていった

くらいである。
しかも、衣装についたホコリを本番直前に取るための「コロコロ」は持って行っていたのに・・・である。
まったく慣れとは恐ろしいものだ・・・。

幸い、リハーサルから本番までに3時間半あったので、ダッシュで家に取りにもどった。

衣装を取りに家に帰った際に30分くらい時間に余裕があったのですかさずボウイング練習。
ふっ。転んでもただでは起きないぜ。


ぇ?バイオリンばっかりやってないで、せめて本番前くらい歌の練習しろって?
でも、朝から二時間もリハで歌ってたからもう嫌なんだぜ。



ちなみに、歌った曲は、John Rutterの『Birthday Madrigals』より

 It was a Lover and his lass

 Come live with me

の2曲。
合唱曲の中では結構ノリのいい、まだしも一般ウケしそうなレパートリー。


『It was a Lover and his lass』がYouTubeに上がってたので、せっかくだから貼りつけておきます。


※こちらの動画は所属している合唱団のものではありません。当たり前だが・・・。そしてこの動画音質あんまり良くないです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ぷぃぷぃ 虫

Author:ぷぃぷぃ 虫
酒飲み三十路男。
ふと思いつきでバイオリンを初めてしまう。合唱歴は10年超えだが楽器は素人。
ひょんな事からヴィオラも初め「させられる」。レイトスターターながらスイッチプレーヤーを目指すことに・・・

職業 SE。やぎ座のA型。

バイオリン歴
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新記事
アクセスカウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています
ポチッ!と応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

リンク
バヨ友
バヨブロ友達
検索フォーム
QRコード
QR
レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。